30代から地元で暮らす 幸せのUターン転職

江口勝彦[著]

2022.03.02

990円(税込)

幻冬舎

新書

ネットで買う

書籍内容

転職サイトでは知ることのできない情報が満載
地元企業の探し方、Uターン人材の需要、地元の生活環境……
気になるUターン転職事情を事例も交えて徹底解説!

30代になると結婚や子どもの誕生、マイホームの購入、親の介護など
さまざまなライフイベントを迎えます。
そのタイミングで都会からのUターン転職を考える人もいますが、
年収やキャリア形成の不安から「自分が働ける場所はない」と断念してしまう
ケースが多いのです。
しかし、地方におけるUターン人材の需要は高まっており、
地元に戻った後も希望年収を確保してキャリアを充実させ、
家族との時間も増え幸せな生活を手にした人はいます。
本書ではUターン転職がうまくいかない原因をはじめ、
後悔しないUターン転職の方法について事例を交えながら分かりやすく解説します。

「子育てがしやすい地元に戻ろう」
「親が高齢になってきたからそろそろ面倒をみないと」
「都会の生活にも疲れてきた……」
そのような思いでUターン転職を志望するものの、
地元企業について正しい情報を十分に得られていないが故に、
希望年収に合った経験・スキルを活かせる転職先がなかなか見つからないのが現状です。
そのため「自分の働ける会社は地元にはない……」と断念してしまうケースが後を絶ちません。
しかし、大手の転職サイトに掲載されていないだけで
魅力的な条件でUターン人材を歓迎する企業は多く存在し、
地元にも今のキャリアや生活レベルを維持・向上させながら活躍できる場所があるのです。
本書では転職支援のプロである著者が、
30代に向けて納得できるUターン転職の方法を具体的な事例を交えながら紹介します。
地元企業の探し方、Uターン人材の需要、地元の生活環境など、
転職サイトでは知ることのできない情報が満載の一冊です。

目次

はじめに

第1章 子育て、親の介護、ワークライフバランス
30代で訪れるUターン転職を検討するタイミング
30代で地方転職を考える人が増えている
30代は人生設計を考えるライフイベントが目白押し
今の仕事を続けていくのかを考える時期でもある
大きな災害・経済危機をきっかけに人生を考え直す人も
子どもの小学校入学が一つのターニングポイント
地方の若者は7割が県外へ進学、そのまま就職
実家近くに住めば両親のバックアップがあるのも魅力
将来の親の介護にも対応できる
ワークライフバランス実現への期待
豊かな環境、伸び伸び子育て、両親のサポート……Uターン転職への夢は膨らむ

第2章 収入やキャリア、家族の暮らしへの影響……
Uターン転職を踏みとどまらせる不安要素
なぜ、Uターン転職がうまくいかないのか よくある6大要因
1地元の企業情報がない
2今の収入、職種、ポジションへのこだわり
3Uターン転職の理由や動機が漠然としている
4今の仕事からの逃避
5配偶者など家族からの強い反対
6理想と現実とのギャップ
ビジョンなき転職活動は失敗に終わりやすい

第3章 Uターン人材を獲得したい地方企業はたくさんある
地元でも希望年収を確保し、キャリアアップすることは可能
Uターン転職実現のための8つのステップ
「どうせ地元にキャリアを活かせる仕事なんてない」から転職活動が始まる
地方企業の求人票は大手転職サイトには集まりにくい
大手の地方支社だからといってUターン転職に強いとは限らない
地元特化型の転職エージェントにはお宝が眠っている
地方企業は「メンバーシップ型雇用」が主流
Uターン人材の獲得を狙う地元企業の採用パターンとは
大手ではできないオンリーワンのマッチング
「年収や生活レベルを下げたくない」が強過ぎると転職活動は難化
減収でも満足度高めなのが地方転職の特徴
世帯年収におけるUターン転職のメリット
年収は中期スパンで急増する事例が多数
地方企業にとってUターン人材は喉から手が出るほど欲しい
Uターン人材を起爆剤に新展開を図る地方の経営者たち

第4章 将来設計なきUターン転職は失敗する!
キャリアデザイン、価値観を明確にすることが大切
自己理解が浅い者はゴールを見失う
損得勘定やその場の感情で転職しようとしていないか
人生を変えることになるUターン転職には覚悟が必要
自分の生き方、あり方とは何かを突き詰める
採用面接での企業側の関心は「なぜ転職するのか」と「自社のメリット」
まずは自身のキャリアの棚卸しをする
「なぜ」と自問自答しながら考えを深めていく
客観的な視点も入れて自分を言語化する
マイナスを隠すための嘘の動機や理由はつくらない
「何でもやります! 」「何でもできます! 」はあり得ない
自分のキャリアに合う仕事とは何か
「なぜ、うちの会社なのか」の問いに的確に答える
一人で考えるのが難しければエージェントの助けを借りる
Uターン転職におけるコーチングとは
面接官が聞きにくいことをオープンに話すと喜ばれる
「地元に帰るべき」ではなく「帰りたい」が成功のカギ
転職後のキャッチアップやチューニングも重要
早く新しい職場に慣れるためにすべき5つのこと
1積極的にコミュニケーションを取る
2分からないことは素直に聞く
3文化が違うことを受け入れる
4職場の人間関係を把握する
5転職後3カ月は様子を見る

第5章 仕事は順調、家族との時間も増加
Uターン転職で理想の生活を手にした人たち
Uターン転職で夢を叶えた成功者
ゲームプログラマーから社内SEへ そして、新たな環境で挑戦も
38歳で妻の故郷へ 前職のスキルを活かせる海外営業に新たなやりがい
特殊な専門職でUターンに成功 どんな職種でもチャンスはある!
夢を叶えたいなら自分から動け 募集のない志望企業へアタック!
本当の幸せを求めてUターン 富山にも女性が活躍できる仕事はある

第6章 Uターン転職を成功させ、故郷で幸せな人生を生きていく
30代を逃すとUターン転職のハードルは上がる
情報収集の手段は多くもち、徐々に絞っていく
無責任な情報に流されないで自分で見極めることが大事
流通しない求人票にアクセスできるかがUターン転職の分かれ目
自分が転職したい会社を口説く手もある
転職後の年収の考え方は「地方水準」で考えるべき
Uターン転職の「正解」は人それぞれ 自分なりの正解を
転職は目的ではなく、幸せになるための手段
あなたにも「幸せのUターン転職」が待っている

おわりに

著者:江口勝彦

1978年生まれ。静岡東高校から千葉大学教育学部に進学、2002年卒業。
東京日産自動車販売に入社(関東実業団バスケットボール所属)。
2003年、新潟アルビレックスBBに入団。
翌年にABA(米マイナーリーグ)挑戦のため渡米。2005年に現役を引退。
その後、妻の地元である新潟に定住し、
リクルート新潟支社にてセカンドキャリアをスタート。
自身が地方転職した経験を活かし、
2010年に地方特化型の人材紹介会社エンリージョンを設立(リージョナルスタイル加盟)。
現在は経営者でありながら、キャリアコンサルタントとして人材紹介や採用代行、
転職支援などのサービスを提供している。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ

三凛 さとし

1歳から6歳の子どもごはん 365日の幼児食 冷凍できる作りおきレシピ

homeal ホーミール/中村 美穂/西川 剛史

金運年鑑 ~365日お金を引き寄せる マンガでわかる行動マニュアル

たかみー(原案)/こげのまさき(マンガ)

決めるだけ。 「お金」も「恋」も勝手にうまくいく、人生を変えるレッスン

奥井 まゆ