死肪肝

川本 徹[著]

2022.03.17

990円(税込)

幻冬舎

新書

ネットで買う

書籍内容

沈黙の臓器、肝臓。
「気付いたときにはすでに手遅れ」を防ぐために――

米国テキサス大学MDアンダーソンがんセンターで
がん治療の最先端研究に携わった医師が
脂肪肝から肝炎、肝がんへ進行するメカニズムから対策まで詳しく解説

脂肪肝とは肝臓に30%以上の中性脂肪がたまった状態のことです。
飲酒が原因のアルコール性の脂肪肝と、
飲酒が原因ではない非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD/ナッフルディー)があります。
日本人の3人に1人が脂肪肝であるといわれており、
近年では肥満や高血圧、糖尿病などの増加によりNAFLDが注目されています。
NAFLDの一部は「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」へと移行し、
さらに肝硬変や肝がんへ進行することがありますが、
健診で脂肪肝と診断されても医療機関を受診しない人が多くいます。
しかし脂肪肝にしても肝がんにしても
進行してしまうとどんなに最先端の医学をもってしても治すことは難しく、
脂肪肝だと分かった段階で食事や運動を見直し、
かつ適切な薬物療法や健康観察を継続することが健康な肝臓を取り戻す近道となります。
それには何よりも、脂肪肝という病気の深刻さを知る必要があります。
本書では、臨床と消化器がんを研究し、
米国テキサス大学MDアンダーソンがんセンターでがん治療の最先端研究に携わった
著者が、脂肪肝の基礎知識とともに肝炎、肝硬変、肝がんへと進むメカニズムについて詳しく解説します。
脂肪肝の恐ろしさを理解し、健康な肝臓を保つための対策や治療法を知ることができる一冊です。

目次

はじめに

第1章 死を招く 脂肪肝の危険性
脂肪肝から始まる命の危機!?
非アルコール性脂肪性肝炎という定義の始まり
ウイルス性肝炎は克服されつつある
お酒を飲まない人の脂肪肝も油断大敵
アルコール性と非アルコール性の違い
脂肪肝を放置することが危険な理由
脂肪肝になりやすい生活習慣とは?
コロナ禍の巣ごもり生活が脂肪肝を増やす!?
脂肪肝と新型コロナウイルス重症化リスク

第2章 現代人に増えている 脂肪肝の基礎知識
肝臓は人体の化学工場
沈黙の臓器、肝臓が壊れる・悪くなるとは?
脂肪肝ができるまで
脂肪肝の分類
現代人に増えているNAFLD(ナッフルディー)とは
NAFLDは肥満との関連が強い
女性の体と脂肪肝の関係~なぜ性差があるのか~
脂肪肝になると肥満体質になる!?
脂肪肝は内臓脂肪より怖い!?
NAFLDは深刻な病を招く
脂肪肝はアルツハイマーのハイリスク

第3章 脂肪肝はやがて肝炎に 炎症が引き起こす疾病
慢性肝炎から始まる肝臓の線維化
炎症は体を守る防御反応
良い炎症、悪い炎症
老化と炎症は切っても切れない関係
慢性炎症は全身に飛び火する
歯周病とNASHの深い関係
肝炎の種類と病気の特徴
内臓脂肪型肥満で慢性炎症が加速する
新型コロナ重症化の裏に慢性炎症あり
NASHになるメカニズム
慢性炎症はやがてこんな病気に進展する
炎症を加速させる過ごし方とは

第4章 脂肪肝の放置が命を脅かす 肝硬変、肝がんに至るメカニズム
慢性炎症を放置すると肝硬変、肝がんにつながる
肝線維化への過程で起きていること
肝硬変から肝がんへの進行は、後戻りできない
肝硬変を早く見つけるために
なぜ肝がんは再発しやすいのか
NASHは肝移植後の予後が悪い!?
肝がん、治療法とは
切除不能な肝がんに「分子標的薬」時代の到来
怪しいがん治療に惑わされない
新しい治療法の登場で選択肢が増えてきた

第5章 検査で分かる 脂肪肝のチェック方法
脂肪肝チェックがとても大切なワケ
NASH肝がん患者の症例
自分は脂肪肝? セルフチェックをしてみよう
健康診断の血液検査から分かること
肝線維化が進んでいるかどうかを簡単チェック
脂肪肝の疑い、受診すべきは何科がベスト?
NAFLとNASHの診断基準
肝臓の検査と診断の流れ(脂肪肝 肝硬変 肝がん)
脂肪肝の検査法~確定診断には画像検査が必須~
NAFLD/NASHの治療法
NASH患者に用いられる一般的な治療薬

第6章 脂肪肝と向き合えば、あらゆる疾病のリスクを軽減できる
脂肪肝脱出への道~まず太らない体をつくる~
今注目の食事法! 地中海食
進化した「グリーン地中海食」ならさらに効果的
知っておきたい油脂の話
食生活のポイント
運動による脂肪燃焼効果
体重計は毎日乗るべき?
良質な睡眠は百薬の長、脂肪肝も改善する
良質な睡眠をとるためにできること
脂肪肝対策、お酒との付き合い方は?
どうしても飲みたい。少量ならOK? 休肝日は必要?
元気な肝臓を維持するためのかかりつけ医との関わり方

おわりに

著者:川本 徹

1987年 筑波大学医学専門学群卒業。1993年 筑波大学大学院医学研究科修了。
大学院修了後は筑波大学附属病院の消化器外科に所属し、研鑽を積む。
1996年筑波大学臨床医医学系外科講師に就任。
胆道外科を専門とし、特に胆のうがん、胆管がんの外科治療に専従する。
2003年に渡米し、アメリカのテキサス大学MDアンダーソンがんセンターにて
がん分子標的薬の研究に従事し、
がんの発生および進展メカニズムについて深い知見を有する。
現在は東京都港区にみなと芝クリニックを構え、内科・胃腸内科と外科のほかに、
皮膚科、整形外科、大腸・肛門外科を標榜し、幅広い診療を行っている。
東京女子医科大学非常勤講師、東邦大学医学部客員講師、元日本胆道学会評議員。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

大切な人を大切にする 大型歯科医療グループの管理しない運営

梶原 浩喜

安定した収益&社会的意義を両立 福祉施設経営のススメ

岩崎 弥一

鴨川カレイドスコープ ~京都の医大病院を舞台にした10人の物語~ 

京都府立医科大学創立 150 周年記念事業実行委員会

命を託せる病院選び41の心得

上野 正勝