介護って難しいと思ってたけど実際やってみたらめちゃくちゃやりがいのある仕事だった

人生のかけらプロジェクト実行委員会[著]

2022.01.25

1540円(税込)

幻冬舎

単行本

書籍内容

要介護の高齢者たちの願いを実現させていくなかで、
入社2年目の主人公・丸田翔子が見つけた介護のあり方とは――

大阪の介護事業所で入社2年目を迎えた翔子は、
自分の介護のやり方は間違っているのかと自問自答していた。
そんなとき突然北海道への異動を命じられ、
「人生のかけらプロジェクト」のメンバーに抜擢される。
同僚と度々ぶつかり合いながらも、利用者の願いを叶えようと奔走する翔子。
自分の思いを信じて利用者に寄り添った先に、翔子はその答えを見つけ出す。
実話をもとに描かれた新人介護職員の感動物語。

亡き祖母の「まだまだ、やりたいこと、たくさんあったのにねえ……」という
最期の言葉が忘れられず、
「こんな思いをする人を一人でも減らしたい」という思いから介護職を選んだ翔子。
利用者に寄り添い、傾聴して、未来のことまで一緒に考えられるような介護職員
を目指すが、上司からそれは独りよがりだと厳しい指摘を受けて落ち込んでしまう。
そんなとき、利用者の叶えたい夢ややり残したことを実現させる
「人生のかけらプロジェクト」のメンバーに抜擢される。
専門的知識によるアプローチを最重要と考える同僚の吉田と度々ぶつかり合いながらも、
「人生のかけらプロジェクト」を通して切磋琢磨し、次第に歩み寄っていく。
そしてプロジェクトを終えた翔子が見つけた介護のあり方とは――

介護の本質を問い、介護の仕事の難しさ、それを乗り越えた先にあるやりがいや喜びを、
実話をもとに描いた感動小説。

目次

プロローグ
第1話 不協和音 ~私、間違ってますか?
第2話 挑戦 ~北の大地から再スタート!
第3話 達成 ~私のやりがいはここにある!
第4話 邂逅 ~つながる思い、果たせた約束
第5話 未来へ ~この仕事は、夢や幸せに満ちている!
エピローグ
あとがき

著者:人生のかけらプロジェクト実行委員会

2017年9月、北海道函館市の事業所へ向かう車中で、高齢者に生きがいを感じてもらおうと、
自分たちに何ができるだろうとみんなで考えていた際に、
ひとつのアイディアから生まれた株式会社3eeeによるプロジェクト。
人生を振り返ると、誰にも出会いがあり、別れがあり、なかには後悔だってある。
さまざまな岐路があるなかで、やり直したいことや、誰かに何かを伝えたいこともある。
どこかに置き忘れた人生のひとかけらを集めるように、
一人ひとりのストーリーを追いかけてみたいという、
通常業務の枠を超えたメンバーの熱い想いからスタートした。

株式会社3eee
2010年8月創業。介護・障がい福祉事業を全国展開するソーシャルベンチャー企業。

オススメ書籍

文壇の料理人

OSAMU-YUASA

王様と母と私 モロッコ国王のマッサージ師となった母のシンデレラストーリー

田中 由紀子

トラブルシューティング 元中国駐在員・神岡浩二の奮闘記

下岡 郁

旬殺

氷満 圭一郎