連環のブルー

2022.12.02

1760円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

二十年の時を経て再び動き出した時計は、
思いがけない結末へと進んでいく――

青春時代に想いを寄せた女性と、偶然再会を果たす貴藤
互いに忘れることのなかった記憶が、
くさりのように重なりつながっていく
しかし、ある夜の彼女の一言で二人の関係は急展開を迎える――
過去と現在が織りなす、切ない愛の物語


大阪の家電メーカーに勤める48歳の貴藤一郎は、休暇で一人沖縄に来ていた。
ホテルの部屋でブランディを飲み、チャイコフスキーのピアノコンチェルトNo.1を聴きながら、貴藤はある青春の出来事――二十年前、瀬戸内海の蜜柑の取れる小さな島で、荻野聖子と過ごした神秘的な時間――を思い出していた。その日、貴藤は同じホテルのロビーで彼女によく似た女性を見かけたのだった。
二十年の時を経て再会を果たす二人。沖縄から大阪に戻ってからも同じ時間を過ごし、互いに惹かれあうのだが、彼女には秘密があった――。
二人の再会は、幸運か、不運か。そして、誰かが傷つかなければならないのだろうか。忘れられない恋の記憶を思い起こさせる純愛小説。

目次

第一章 蘇る

第二章 告白

第三章 展開

第四章 会う

第五章 名曲との再会

第六章 ヴァージンレース

第七章 遺書

第八章 青春の連環

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

幻の父を追って 早世の考古学者 中谷治宇二郎物語 改訂版

法安 桂子

スノードロップ ―雪の雫の日記―

降谷 さゆ

文壇の料理人

OSAMU-YUASA

王様と母と私 モロッコ国王のマッサージ師となった母のシンデレラストーリー

田中 由紀子