体の不調は「腸もれ」が原因

体の不調は「腸もれ」が原因

藤田長久[著]

2021.03.23

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

何をしても楽にならない慢性的な体のつらさ――
改善へのカギは「腸もれ」にある!?

「腰痛や肩こり、頭痛がなかなか治らない」「不眠や慢性疲労に悩んでいる」
そんな慢性的な体の不調は「腸もれ」が原因かもしれません。
腸の細胞間に隙間があき、未消化の食物やウイルスが血管にもれ出る「腸もれ」。
「腸もれ」を放置すると、体の不調だけでなく糖尿病や認知症といった疾患を引き起こすことも。
2000人以上の慢性疾患患者を診察してきた内科医が、
「腸もれ」を予防・改善して健やかな体を手に入れるための食養生・生活術を紹介します。

目次

はじめに
第1章 現代人を苦しめる体の不調は「腸もれ」から始まる
第2章 「腸もれ」はなぜ起こるのか
第3章 「腸もれ」は「ケトン食」で治す
第4章 腸もれを改善するための生活術
第5章 「腸もれ」をなくして健康体を手に入れよう
おわりに
参考文献

著者:藤田長久

1940年生まれ。1966年、新潟大学医学部卒。病院勤務を経て1982年に藤田神経内科病院を設立。1986年、医療法人社団茜会理事長に就任。自身が糖尿病家系、高血圧であることから、糖質制限による体調管理にいち早く着目。現在は糖質制限にとどまらず、食事や生活習慣の改善によりさまざまな病気を防ぎ、改善できることを日々患者に啓発している。近年は糖質の過剰摂取による腸不調「腸もれ」に着目している。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

自宅で死を待つ老人たち

大城 堅一

心不全と診断されたら最初に読む本

大堀 克己

フツーの主婦だからこそつくれた 入居者が殺到する非常識な介護施設

小林 久子

自分でできる手ツボ・足ツボ! 心と体の「なんとなく不調」を整える

浜口 ひさ子 , 浜口 貴行