エスプレッソからはじめよう

齊藤正二郎[著]

2020.11.27

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

あなたが愛飲しているエスプレッソは本物ですか?
日本人がまだ知らない本物のエスプレッソについて……
万人に愛飲される“究極のエスプレッソ”の生みの親が
思いの丈を書き下ろしたエスプレッソエッセイ

「本物のエスプレッソを飲んだことがありますか」?
と聞かれたら、あなたはどう答えますか?
日本人の多くの方は「エスプレッソ=濃く淹れたコーヒー」と思い込んでいますが、それは間違いです。
エスプレッソとコーヒーは似て非なるものなのです。
本書は、万人に愛される“究極のエスプレッソ”の生みの親が書き下ろした、
読めば必ずエスプレッソファンになる究極のエスプレッソエッセイです。
例えば本物のエスプレッソとは、
「エスプレッソのためにブレンドされた生豆を、
深煎りロースト(エスプレッソロースト)して、
エスプレッソマシンを用いて(蒸気ではなく)9気圧ほどの高い水圧をかけ、
短時間で高圧抽出した飲み物」です。
日本人がまだ知らないエスプレッソのルーツや美味しい一杯を仕上げる匠の技、
意外な健康効果など、エスプレッソの真実をさまざまな角度から解説していきます。
本物のエスプレッソについて、エスプレッソを片手に読み進めてください。

目次

はじめに

第1章 知られざるルーツ、味に深みを与えるマシン、意外な健康効果……奥深すぎる魅惑の飲み物エスプレッソ

第2章 エスプレッソの起源はトルココーヒー

第3章 美味しい一杯に仕上げる焙煎機・エスプレッソマシンの匠の技

第4章 世界一美味しいエスプレッソはシアトルにあり!?

第5章 エスプレッソは寿命を延ばし、糖尿病を予防する

第6章 植物としてのコーヒーノキとコーヒー豆の真実

第7章 Ground to Cup and Machine 魅惑の旅は続く

おわりに

著者:齊藤正二郎

ダブルトールカフェ代表。1967年、東京都生まれ。
1歳からスキー板をはき、小学生でアメリカ・シアトルにスキー遊学。日本の大学を卒業後、将来を模索するべく懐かしのシアトルへ。現地で建築建材の会社を起業。そこで〝本物のエスプレッソ〞と運命の出会いを果たす。それを日本に広めるため、帰国後の1995年に「ダブルトールカフェ」を開店。日本に数少ない本格的なエスプレッソ専門チェーンとして東京都内を中心に複数店鋪を展開する。エスプレッソマシンのオリジナル開発や自社農園の開発にも果敢に挑む。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

王様と母と私 モロッコ国王のマッサージ師となった母のシンデレラストーリー

田中 由紀子

Darkness

銀ジロウ

介護って難しいと思ってたけど実際やってみたらめちゃくちゃやりがいのある仕事だった

人生のかけらプロジェクト実行委員会

スノードロップ ―雪の雫の日記―

降谷 さゆ