人事担当者のための 人材育成の教科書

網谷征洋[著]

2019.05.14

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

人材育成に悩む「人事担当者」必読
人を育てる基本の心構えから現場から協力を得る方法、
外部のプロとの連携法、研修プラン作成のポイントまで。
人材育成のすべてがわかる一冊。

多くの時間とお金をかけた研修も成果がみられない……
「研修なんてムダ」と、現場から白い目で見られる……
せっかく育成してもすぐに辞めてしまう……

人事担当者の悩みはつきません。
しかし、これらの悩みは人材育成の方法さえ変えれば解決できます。
決して社内の人材の能力ややる気に問題があるわけではなく、
どんな人材でも適切な育て方さえすれば成長できるのです。

著者は人材育成業界で32年間実績を積み、これまで5万1400人(2019年3月末日現在)以上に研修を行ってきました。
本書では、そんな人材育成のプロである著者が長年実践してきた人材育成の方法を中心に、
人材育成の基本から応用まで、実例も交えて解説していきます。

「研修はどのように組み立てればよいのか」
「どうしたら他部署からの協力を得られるのか」
「経営陣と連携するにはどうアプローチしたらよいか」
「研修はどんな講師に頼めばいいのか」
「人材育成の目的はどこにあるのか」

すべての答えが見つかる一冊です。

目次

序章 企業の“経営資源”を育てる「人材育成」という仕事
第1章 人事担当者だからこそできる「人材育成」とは?
第2章 自社の経営課題を解決に導く「人材戦略」策定の極意
第3章 現場の理解と協力が成功のカギ「研修プラン」立案・実行のポイント
第4章 役職別、テーマ別…専門分野を委託 外部の「研修のプロ」と連携する秘訣
第5章 自社の“未来の経営”を下支えする人材育成の本質

著者:網谷征洋

大学在籍中の4年間、大手進学塾の講師として「エリートではないからこそできる子どもの教育」をモットーに自ら企画から授業まで行う。大学卒業後に人材育成業界に就職。大手コンサルティングファームにて300社を超える企業の企画営業を中心に事業企画なども担当。その後ベンチャー企業での事業経験、中堅コンサルティング会社での講師・コンサルタント経験を活かしコンサルティング部のマネジャーを務める。2007年、自身の「人材育成哲学」を体現すべく株式会社MC‐FASTを設立し、代表取締役に就任。オーダーメイドの手づくりプログラムで、各社の経営課題解決を「人材育成」の側面からサポートし続けている。これまで、5万1400人(2019年3月末日現在)以上に研修を行い、97%超のリピート率、90%超の顧客内案件拡張率を得るなど、多くの企業から厚い支持を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

テレワーク本質論

田澤由利

Pマーク・ISMSを取ろうと思ったら読む本

仲手川 啓

世界の実業家・中東の王子と人脈を創れ! タイムリミットは大阪万博まで!

川合 正育

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

池田 光司