「おもてなし」という幻想 10年先の日本をつくるインバウンド立国論

「おもてなし」という幻想 10年先の日本をつくるインバウンド立国論

眞野ナオミ[著]

2018.12.10

1650円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

増加する外国人観光客
「本物のおもてなし」方法を紹介!

外国人観光客向けのビジネス―インバウンド。
2006年頃からそのインバウンドに力を入れ始め、2008年には観光庁が発足しました。
2017年には過去最高の2869万人の外国人旅行者が日本を訪れ、
2010年から334%も増加したと推定されています。
観光外国人はツアーやテーマパークよりも、日本の日常を体験する事などに関心を持ちます。
しかし日本人は、自分たちがイメージする「外国人が喜びそうなもの」を提供しているだけではないでしょうか。
国家政策としてマーケティングの方法論を活用し、
国そのものをブランド化させることに成功している国も少なくありません。
しかし日本は観光立国でありながらも、
マーケティングなどにそれほど力を入れていないのではと著者は疑問を呈しています。
外国人旅行者数がピークを迎えるであろう2020年の東京オリンピックに向けて、
観光業に携わる人だけでなく、国や自治体の関係者にも役立つ「インバウンドマーケティング」を紹介する1冊です。

目次

第1章 来る2020年、日本は「観光立国」か「観光没国」か
第2章 食べる・遊ぶ・買う・泊まる―どれをとっても間違いだらけの訪日観光業
第3章 訪日外国人が真に求める、ニッポンの「おもてなし」とは
第4章 観光地の地方拡散が必須!訪日外国人をリピーターにする地域ブランディング
第5章 一過性の「観光立国」から「観光先進国」へ―求められるのは10年20年先のビジョン

著者:眞野ナオミ

株式会社ラグジュリークCEO。LAで生まれ、東京とアメリカで育つ。聖心女子大学文学部英語英文科卒業、University of Southern California,Principles in Business Management修了。大学卒業後はIBMに就職し、長野オリンピック等のマーケティングやホスピタリティを担当。1999年以降はアジア・パシフィックに出向、アジアのマーケティング本部にてイベントやIMC(integrated marketing communications)部等のマネージャーを務める。その後、フィデリティ投信のコーポレート・コミュニケーションズ部長等を経て2007年に独立、クィンテセンシャリー・ジャパンを設立し、代表取締役社長に就任。7年間にわたり国内外のお客様にコンシェルジュ・サービスを提供する。2014年、イベントやカンファレンス、ホスピタリティ等を提供する株式会社ラグジュリークを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

日本酒で“KANPAI” 岩手から海外進出を果たした『南部美人』革新の軌跡

久慈 浩介

Pマーク・ISMSを取ろうと思ったら読む本

仲手川 啓

賃貸仲介・管理業一筋50年 必勝の経営道

加治佐 健二

信念の経営

石田克史