“健康住宅”のウソ・ホント

“健康住宅"のウソ・ホント

杉山義博[著]

2018.07.03

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

あなたの建てたい家は
住む人にとって本当に「いい家」ですか?

近年、家づくりのあり方は大きく変わっています。
巷には機能性よりもデザイン性を重視した家や、名ばかりの高気密・高断熱住宅が溢れ、
それらが人の健康を脅かす大きな問題となっています。
たとえば、ホコリやダニなどのハウスダストによるアレルギー症状や、室内の急激な温度変化によるヒートショック現象など、さまざまな健康被害が引き起こされています。
その原因となっている、ウソだらけの「健康住宅」の現状を伝えるとともに、本当に「いい家」はどのようにつくるのかを、家づくりのプロが分かりやすく紹介します。

目次

序章 健康住宅はウソだらけ!?“家”に殺される日本人の現実
第1章 ウソ1:高気密・高断熱の家ならヒートショックは防げる ホント1:やはり室内の温度差が大きく、ヒートショックは起こる
第2章 ウソ2:24時間換気システムがあれば、ぜんそく・アレルギーは防げる ホント2:室内に汚れた空気がよどみ、ぜんそく・アレルギーを誘発
第3章 ウソ3:窓が多く風通しのいい家は、空気がきれいで健康的 ホント3:PM2.5、花粉、ホコリ…窓から侵入する有害物質によって健康を損なう
第4章 ウソ4:木の家は強度が高く耐久性に優れている ホント4:中途半端な断熱や気密は急速に木材を腐らせる
第5章 ウソ5:バリアフリー住宅は高齢者にやさしい ホント5:うわべだけのバリアフリー住宅が高齢者の命を奪う
終章 「正しい健康住宅」は家の構造と気候を知り尽くした工務店とつくる

著者:杉山義博

丸七ホーム株式会社代表取締役。1949年、岐阜県加茂郡白川町生まれ、名城大学法学部卒業。1977年、丸七建設株式会社に入社。1986年、ドイツ教会の新築工事を請け負ったことがきっかけで訪独し、ドイツ建築の高気密・高断熱住宅の優れた機能性に強い衝撃を受ける。以降、何度もドイツを訪れながらドイツ住宅建築の技術習得・研究に尽力する。1988年、社名丸七ホーム株式会社に変更。1997年、代表取締役に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

貢献する経営 自社マンションブランドを全国に拡大した小さな建設会社の“他者ファースト”という経営哲学

プロ建築士が絶対しない家の建て方

YouTube不動産 印南和行

地方創生は古い建築物を見直せ

鈴木勇人

Beautiful Moments UYUNI

樋渡 さなえ