明日はきっと楽になる!

明日はきっと楽になる!

狩俣和沙[著]

2018.09.04

1300 円(税抜)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

女子の人生には癒やしが必要!
リラクゼーションサロンを舞台に繰り広げられる女性たちの物語

“お祈りメール”にうんざりしている就活女子、
子宝に恵まれずに自責の念に駆られる妊活女子、
家事と仕事の両立で爆発寸前の共働き女子……。

心身共に疲れ果てた女性たちが癒やしを求めてやってくるリラクゼーションサロン。
それぞれ境遇や立場も異なる彼女たちがそこで得たものは、癒やしだけではありません。
セラピストという家族でも友達でもない第三者にだからこそ話せる悩みを吐き出すことにより、自分の悩みを客観的にとらえ、その解決策を模索していきます。

ストーリーの中には、疲れを癒やすためのツボやリラックスの小技も満載。
物語を楽しみながら読み終えた後には疲労解消のポイントを知ることもできる、感覚の小説です。

著者:狩俣和沙

フリーランスの編集者・ライター。2006年、法政大学文学部卒業。在学時には文芸創作ゼミで笠原淳氏、根本昌夫氏の指導を受ける。卒業後は編集プロダクションに勤務。編集、ライティングなどを経験したのち独立。独立後はライター業をメインにビジネス書を多く手掛ける傍ら、小説の執筆を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

オススメ書籍

発達障害でIT社長の僕

発達障害でIT社長の僕

齋藤秀一

からっぽ たいくつ どようびは まだ ~ 子どもが家族に贈る「ありがとう」短編集 ~

からっぽ たいくつ どようびは まだ ~ 子どもが家族に贈る「ありがとう」短編集 ~

「いつもありがとう」作文コンクール書籍制作委員会

町の金型屋、世界へ ~脱・下請けのストーリー~

町の金型屋、世界へ ~脱・下請けのストーリー~

松本芙未晃

りっぴさんと過ごした4012日 グループホームにやってきたあるセラピー犬との交流の物語

りっぴさんと過ごした4012日 グループホームにやってきたあるセラピー犬との交流の物語

加藤惠美子