美麗なるアンティークコインの世界

大谷雄司[著]

2023.12.11

1650円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

ハイクラスの趣味として人気のアンティークコイン
思わず欲しくなる、魅力溢れるコインたち

華麗にして可憐、美しきアンティークコインの世界へ——
コインコレクションの始め方と
「初めての一枚」を見つけるための基礎知識

アンティークコインは古くから、世界中で多くの人々を虜にしてきました。
2500年以上前に西アジアのアナトリア半島(現在のトルコ共和国)西部にあった
リディアで造られたものが最初のコインとされており、以降、現在に至るまで
世界中の国や地域で多種多様なコインが誕生しています。
そこには神々やその時々の支配者の肖像などが描かれ、
さまざまなデザインが生み出されてきました。歴史を映す鏡ともいえるコインは、
変遷を紐解いていくとその時代にタイムスリップをしたかのような、
歴史のロマンを感じることができるのです。

全世界に20万種類ほど存在するといわれているコインのなかでも
100年以上前に発行されたものをアンティークコインと呼び、
その高い資産価値から世界中にコレクターが存在しています。
なかには発行枚数の少なさから保存状態次第では1億円を優に超えるものまで存在し、
コレクター垂涎の的となっています。

もちろん資産価値だけでなく、美術品としての魅力もまた、時を超え、
国境を越えて人々を惹きつけています。
アンティークコインにはさまざまな肖像画や紋章のほか、街の風景、建造物、
動物や植物など、収集家の意欲を掻き立てるデザインが豊富にあります。
さらにはラテン語やヘブライ語の名句が刻まれているものもあり、歴史や地理、
文学的要素が凝縮されています。そのため、アンティークコインのコレクションは
美しさだけでなく知性を感じさせるハイクラスな趣味として、
海外だけでなく国内でも注目されるようになってきました。

著者は永年にわたりアンティークコインを扱う会社を営み、コインの輸出入や販売、
オークションの運営に携わってきたコインの世界のエキスパートです。
資産としてだけではなく、コインに刻まれた歴史と文化を熟知し、
多くのコレクターに「特別な一枚」を手に入れる喜びを提供してきました。
アンティークコインは近年、日本でも注目されており、レアなものは市場に
出るや否や売れてしまう状況です。また、最近の変化として、
オークション会場では男性だけでなく女性の姿も目立つようになってきたといいます。

本書は特に初心者の女性にアンティークコインの魅力を伝えるためのものです。
美しいコインのカラー写真をふんだんに掲載し、コインのもつ魅力に触れながら、
コインコレクションの基礎的なノウハウも分かるものになっています。
価値ある新しい趣味として、美麗さと知性、
そして資産性を兼ね備えたコインコレクションの世界への、入り口となる一冊です。

著者:大谷雄司

株式会社ダルマ 代表取締役。1978年、株式会社ダルマ設立。
古代ギリシア時代、ローマ時代から中世、近世、現代と世界各国のコインの輸出入とコインショーでの展示販売、およびECサイトによる通信販売、それに伴う鑑定、鑑定書の発行業務を行っている。
また、海外のディーラーとの提携、オークション入札、出品の代行業務も執り行う。
1989年株式会社日本コインオークションを設立。年に3回オークションを開催し、世界トップクラスの品物が毎回集うオークションとなっている。
1992年IAPN(国際貨幣専門商協会)に加盟。1995年にIAPN理事を務める。2001年から2013年までIAPN副理事を務め、現在まで31年間IAPNに加盟しているが、国内でIAPNに加盟しているのは現在3社のみ。日本貨幣商協同組合会員。著書に『あなたも虜になるアンティークコイン』(幻冬舎メディアコンサルティング) 。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

ラストワンマイルの使命

野田慎太郎

地域循環型経営

島原 俊英

あの会社はなぜ、経済学を使うのか? 先進企業5社の事例でわかる「ビジネスの確実性と再現性を上げる」方法

今井誠

改訂版 発達障害でIT社長の僕

齋藤秀一