【著者インタビュー】趣味や仕事も諦めない 透析患者のための新たな選択「セルフ透析」の魅力

生命予後が劇的に改善するセルフ透析

櫻堂 渉[著]

2021.07.30

1650円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

ネットで買う

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

書籍情報

治療に縛られた生活から脱却し
長く健康に生きる
透析患者のための新たな選択

「透析をしているのに、いつも体調が優れない」
「食事や水分の制限がつらい」
「透析中はただベッドに寝ているしかなく、その長い時間が苦痛」
人工透析患者の多くは、こうした体調不良や生活上の不都合を
抱えながら施設に通い続けなくてはいけません。
透析時間をコントロールし、透析患者の体調を改善に導く「進化型透析」、
それが「セルフ透析」です。

透析患者の苦痛を取り除き、健康寿命を延ばすために、
透析医療分野を専門とする経営コンサルタントである著者が医療関係者と連携、
開発したのが、「セルフ透析」という新しい透析スタイルです。

透析患者が感じる不満や不都合の原因は主に、
医療機関主導で固定された透析時間とスケジュールにあります。
「セルフ透析」は、施設に設置された機械等を使い
患者自身が透析行為を行うというもので、
自分の体調や都合に合わせて透析プランを立て、実行できることが特長です。
時間の融通が利き、頻度もコントロールできるため、
自分に本当に必要な量の透析が可能となります。
充分な量の透析が実現すれば、透析直後の体調不良や、
水分や食事制限も緩和されることになるのです。

本書では、この「セルフ透析」の詳細や、
それをサポートする施設透析について詳しく紹介します。

自分で透析のタイミングや時間をコントロールすることで、
健康はもちろん、心と体の自由を取り戻す――。
透析患者が自分らしくアクティブに生きるための選択肢が広がる一冊です。

著者:櫻堂 渉

医療経営戦略、経営改善、ヘルスケア・マネジメントのエキスパート。
株式会社システム総合研究所(病院システム開発研究所)で事業統括部長を務め、
基幹病院の基本構想、システム設計、経営改善業務を手掛ける。
外資系企業において透析施設コンサルティング部門を設立。
2001年、医療経営戦略研究所を立ち上げる。
透析医療施設の戦略立案、建築デザイン、経営改善業務などを手掛ける。
2003年、透析施設専門サイトを開設(透析検索.com)。
2006年、病院マネジメントを請け負うalba lab株式会社を設立。
2008年、当時日本初となるオールチェア式の透析施設「田端駅前クリニック」を開設。
2015年、夜間透析を専門に行う「東京新橋透析クリニック」を開設。
2020年8月、日本初のセルフ透析施設「Self care Dialysis Center(SDC)」 を開設。
慶應義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)経営学修士、
元日本大学大学院グローバルビジネス研究科医療戦略担当非常勤講師、日本薬科大学客員教授。