【著者インタビュー】4,000人の子供を指導したカリスマ塾講師が語る「管理しない子育て」のすすめ

子どもを自立させる 管理しない子育て

鈴木 久夫[著]

2022.02.01

990円(税込)

幻冬舎

新書

ネットで買う

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

ネットで買う

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

書籍情報

自分で考え自分らしく表現できる「自立した子」を育てるために――
延べ4000人の子どもを指導してきたカリスマ塾講師が説く「管理しない子育て」とは

多くの親はわが子に対し、自分がやりたいことを自分で見つけ、
自分から積極的に責任をもって行動することができる「自立した子」になってほしいと
願うはずです。
しかし、自身の描く理想像と目の前の子どもの現状にはギャップがあることが多く、
そのギャップを埋めるためについ「〇〇しなさい」と言ってしまったり、
先回りして手を貸したりしてしまいます。
この「子どもの自立のために何かしてあげなければ」と思う親心が
子どもの「管理」につながり、自分で考えて行動する機会を奪うことで
子どもの自立を阻害してしまうのです。(「はじめに」より抜粋)

わが子に自分で考え行動できる「自立した子」になってほしいと願い、
理想に近づけるために、つい子どもに干渉してしまう親は少なくありません。
しかし、自立した子を育てるためには干渉ではなく、親の子離れが重要です。
約30年間塾講師として教鞭をとる著者は、
親の手を離れ、自分で考え行動する子どもの家庭では、
親が「自分の人生」と「子どもの人生」とを切り離して考えているといいます。
親が子どもの意思を尊重し、全幅の信頼を寄せることで、子どもは自立すること
ができるのです。
本書では、親はいつ、どのように子離れをすればよいのか、
子どもの意思を尊重する親になるにはどうすればよいのかなど、
自立した子を育てるための「管理しない子育て」について解説します。

著者:鈴木 久夫

株式会社クセジュ代表取締役。塾クセジュ最高顧問。
東京理科大学在学中より、塾クセジュの講師として活躍する中で、
創業者である管野淳一の教育理念に感銘を受ける。
大学卒業時に大手企業の内定を辞退し、株式会社クセジュに入社。
講師として約30年間にわたり教鞭をとる。
2011年より、管野氏とともに共同代表となり、2016年より代表取締役に就任。
2021年に代表を退任後は最高顧問を務める。プライベートでは三児の父親でもある。