【著者インタビュー】脂肪肝は“症状のない肝臓病”。患者さんの意向をよく聞きながら、最良の治療法を一緒に探していく。

死肪肝

川本 徹[著]

2022.03.17

990円(税込)

幻冬舎

新書

ネットで買う

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

ネットで買う

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

書籍情報

沈黙の臓器、肝臓。
「気付いたときにはすでに手遅れ」を防ぐために――

米国テキサス大学MDアンダーソンがんセンターで
がん治療の最先端研究に携わった医師が
脂肪肝から肝炎、肝がんへ進行するメカニズムから対策まで詳しく解説

脂肪肝とは肝臓に30%以上の中性脂肪がたまった状態のことです。
飲酒が原因のアルコール性の脂肪肝と、
飲酒が原因ではない非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD/ナッフルディー)があります。
日本人の3人に1人が脂肪肝であるといわれており、
近年では肥満や高血圧、糖尿病などの増加によりNAFLDが注目されています。
NAFLDの一部は「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」へと移行し、
さらに肝硬変や肝がんへ進行することがありますが、
健診で脂肪肝と診断されても医療機関を受診しない人が多くいます。
しかし脂肪肝にしても肝がんにしても
進行してしまうとどんなに最先端の医学をもってしても治すことは難しく、
脂肪肝だと分かった段階で食事や運動を見直し、
かつ適切な薬物療法や健康観察を継続することが健康な肝臓を取り戻す近道となります。
それには何よりも、脂肪肝という病気の深刻さを知る必要があります。
本書では、臨床と消化器がんを研究し、
米国テキサス大学MDアンダーソンがんセンターでがん治療の最先端研究に携わった
著者が、脂肪肝の基礎知識とともに肝炎、肝硬変、肝がんへと進むメカニズムについて詳しく解説します。
脂肪肝の恐ろしさを理解し、健康な肝臓を保つための対策や治療法を知ることができる一冊です。

著者:川本 徹

1987年 筑波大学医学専門学群卒業。1993年 筑波大学大学院医学研究科修了。
大学院修了後は筑波大学附属病院の消化器外科に所属し、研鑽を積む。
1996年筑波大学臨床医医学系外科講師に就任。
胆道外科を専門とし、特に胆のうがん、胆管がんの外科治療に専従する。
2003年に渡米し、アメリカのテキサス大学MDアンダーソンがんセンターにて
がん分子標的薬の研究に従事し、
がんの発生および進展メカニズムについて深い知見を有する。
現在は東京都港区にみなと芝クリニックを構え、内科・胃腸内科と外科のほかに、
皮膚科、整形外科、大腸・肛門外科を標榜し、幅広い診療を行っている。
東京女子医科大学非常勤講師、東邦大学医学部客員講師、元日本胆道学会評議員。