マリアライカヴァージン
マリアライカヴァージン

ジェンダーと女性の生き方の多様性を問う問題作

ある雪の降る日、みちるは、偶然マリアに出会った。
切れ長の茶色の瞳、筋の通った鼻、口角の上がった唇、ストレートの黒髪。
マリアに亡くなった母の面影を見たみちるの目から涙があふれると、
マリアは不思議そうにしながら、ハンカチを渡してくれた―。
孤高のギタリスト、両親を知らず施設で育ったマリア。
知れば、知るほどに惹かれていくみちるだが、手を伸ばせばいつでも
触れられるほど近づいても、決して愛は手に入らない。
傷を抱え、それでも潔く生きる大人達に背中を押され、
この愛を貫くために、みちるは人生をかけた大きな決断をする。