世界で一番すばらしい俺 

工藤吉生[著]

2020.07.20

1650円(税込)

短歌研究社

単行本

ネットで買う

書籍内容

2018年短歌研究新人賞受賞の第一歌集。 校舎から飛び降り、車にはねられながらも、生きながらえる。

「おかしないい方になるが、高度な無力感が表現されている。」──穂村弘

「人間性が色濃く表れた作品です。黒ずみにちょっとかけてみましょうよ。」 ──加藤治郎

(短歌研究新人賞選考座談会より)

著者:工藤吉生

1979年千葉県生まれ。宮城県黒川高等学校卒業。
2011年 枡野浩一編『ドラえもん短歌』(小学館)で短歌に興味を持ち、インターネットを中心に短歌を発表し始める。
短歌結社「塔」を経て、2015年より「未来」所属。
2017年「うしろまえ」(20 首)未来賞受賞。
2018年「校舎・飛び降り」(50 首)第8回中城ふみ子賞次席。
5月17日、車にはねられる。この日に投函した「この人を追う」(30 首)が第61回短歌研究新人賞受賞。
宮城県在住。愛猫の名はアリス

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

そのとき、日本は何人養える? (食料安全保障から考える社会のしくみ) 

篠原 信

1歳から6歳の子どもごはん 365日の幼児食 冷凍できる作りおきレシピ

homeal ホーミール/中村 美穂/西川 剛史

L&SCAPE 撮りたい世界が地元にある

Akine Coco/tomosaki

金運年鑑 ~365日お金を引き寄せる マンガでわかる行動マニュアル

たかみー(原案)/こげのまさき(マンガ)