女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩

女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩

喜田直江[著]

2016.10.21

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

愛する人と交わりたいのに交われない。
「女性器コンプレックス」の女たち

顔やスタイルなど、自分の姿形にコンプレックスを持つ人は少なくありません。
目の大きさ、鼻の高さといった見た目の部分は、すぐに人との違いが分かるため、他人と比較して落ち込むこともあるでしょう。
しかし、一見してわからない体の部分に大きなコンプレックスを抱えている人も大勢います。
はっきりした統計はありませんが、性器の形状にコンプレックスを持っている女性は実は多く存在しています。
思い詰めてしまう人の中には、「人生のパートナーだと思える人に出会っても関係を深められないまま終わってしまう」「パートナーの理解を得て結婚できたとしても性交渉ができず子供を持つことができない(未完成婚)」「婦人科健診を受けることさえも拒み続ける」……など、人生を大きく左右してしまう人が少なくありません。
本書では、数多くの女性たちを救ってきた女性医師が、知られざる「女性器コンプレックス」という病の実態から解決策までを解説します。

目次

はじめに
[第1章] 愛する人と交わりたいのに交われない。「女性器コンプレックス」の女たち
[第2章] パートナー、医師……彼女たちを追い詰める周囲の人たちからのひと言
[第3章] コンプレックスが引き金となる。女の人生に暗い影を落とす「セックス恐怖症」
[第4章] 「女性器コンプレックス」を克服して、新しい人生を踏み出した女たち
[第5章] 恋愛、出産……コンプレックスを克服すれば、女の人生は輝きだす
おわりに
巻末資料 女性器にまつわるよくあるお悩みQ&A

著者:喜田直江

平成13年京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。平成15年形成外科医として、形成外科の基本から縫合の技術まで幅広く習得。平成18年大手美容外科にて美容外科・美容皮膚科全般を習得。とくに婦人科系の美容手術は、日本でも有数の症例数を誇る。平成23年10月、東京都中央区銀座でなおえビューティークリニックを開院。日本形成外科学会会員、日本性科学会会員、ビビーブ認定医、ウルトラヴェラ指導医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

大切な人を大切にする 大型歯科医療グループの管理しない運営

梶原 浩喜

疑問に答える糖尿病外来

清野弘明

リンパ浮腫は手術で治療する

三宅 ヨシカズ

病院を発展・黒字化させる 電子カルテイノベーション

山本 篤憲