税務署が咎めない「究極の節税」

税務署が咎めない「究極の節税」

辻正夫[著]

2016.07.31

800 円(税抜)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

成長する企業は何が違うのか、脱税になる企業はどこで間違うのか――
表も裏も知り尽くした税のプロフェッショナルが
企業を成長に導く「正しい金の使い方」を指南

「せっかく稼いだお金を税金に持っていかれてたまるか! 」
そんな思いから多くの経営者が節税に励んでいます。
しかし、ひとたび節税の方法を間違えると、税務署から捜査の手が入り、経営が楽になるどころか危機的な状況に陥り、最悪の場合、倒産や再起不能になってしまうことも。
そこで、国税局調査員として32年、税理士として16年、大小さまざまな企業の懐事情を見てきた著者が、
小手先のテクニックに翻弄されることなく、企業を成長へ導くために必要な考え方と具体策を紹介。
50年先も生き抜く「究極の節税」を伝授します。

目次

第1章 罰金、追徴課税、銀行の融資停止…。思わぬ税務署の指摘で「脱税倒産」する会社が増えている
第2章 「売上」「経費」「在庫」―税務署がチェックする節税と脱税の境界線
第3章 元・国税調査官だからこそわかる「究極の節税」とは
第4章 究極の節税が財務体質を強化し、50年続く会社を築く

著者:辻正夫

みのり税理士法人所長税理士。昭和24年生まれ。大阪国税局管内主要税務署で32年間勤務し、中小企業約800社の法人税の調査に従事。平成12年に税理士登録。平成14年、高知工科大学大学院起業家コース修士課程修了。平成15年、協同組合トータル・サポート・ブレインズ大阪を設立、代表理事就任。平成18年、みのり税理士法人を設立、代表社員・所長就任。平成19年、高知工科大学大学院起業家コース客員教授就任。ACミラン所属・サッカー日本代表本田圭佑選手のプロモーション会社の税務顧問や税理士法人以外に5企業の代表取締役も務める。平成23年、一般社団法人全国環境対策機構(JEO)を設立し、理事長就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

オススメ書籍

泉佐野市とふるさと納税の真実

泉佐野市とふるさと納税の真実

中道達也