細胞美人 究極の美を手に入れる

細胞美人 究極の美を手に入れる

宇山恵子[著]

2015.07.31

1320円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

細胞から若さを取り戻す
究極の美肌はどうすれば手に入るのか――

今、多くの女性が若々しさ、美しさを手に入れようとテレビや雑誌、インターネットなどからの情報収集に余念がありません。なかでも女性たちが〝脅威″ととらえているのが、「肌の老化」です。肌の衰えを食い止めたいという女性たち願望を満たすべく、巷にはコラーゲン、アスタキサンチン、プラセンタなどのさまざまなアンチエイジングが期待される成分を配合したコスメがあふれています。また最近では、化粧品にとどまらず再生医療を応用した治療や美容医療などの技術が進展。美肌にまつわる技術開発が世界各地でおこなわれています。
しかし、こうした美肌の方法には、つねにメリット・デメリットがつきまといます。再生医療の場合は未知数な部分も多く、その恩恵にあずかれる人はごくわずか。手術が伴う場合は失敗しても修正がきかないばかりか、思わぬ後遺症につながることもゼロとはいいきれません。
リスクなく、手軽に、最先端技術の恩恵にあずかることは可能なのでしょうか。そもそも肌の衰えを、回復させることは可能なのでしょうか。
国内外の美容に関する取材・執筆実績多数のライターだからこそ知り得る、美容雑誌では伝えきれない最先端美容を紹介します。

目次

1 「若い肌」「衰えた肌」の決定的な違いとは
2 どんな美容法でも「肌の衰え」は止められない
3 再生医療だけが秘めている、肌細胞を若返らせる可能性
4 取り戻した細胞を守るための美容の常識最前線
5 細胞レベルの最先端美容で「究極の美」は手に入る

著者:宇山恵子

医療・美容ジャーナリスト。国内外のアンチエイジング情報の取材・執筆、翻訳等の実績多数。総合情報サイト『All About』のアンチエイジングガイドを務めるほか、東京医科歯科大学非常勤講師、京都府立医科大学特任教授として活躍。主な著書に『医者も教えてくれなかった実はすごいフルーツの力――パワー・フルーツガイドブック若返りたいならもっと果物を食べなさい!』(講談社)『激務に負けない名医の養生術 誰でもマネできる105の習慣』(KADOKAWA)等がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

「医薬分業」への挑戦 86年続く調剤薬局奮闘記

前納 秀夫

新型コロナ 発症した人 しなかった人

栢 孝文

一生動けるカラダをつくる! 40歳から始めるノグチ式筋活

野口 眞利

おうちまるごとキレイを実現 アルカリイオン水パーフェクトガイド

松澤民男