ラストプレゼント 家で看取るしあわせ

ラストプレゼント 家で看取るしあわせ

小野宏志[著]

2015.05.26

1540円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

家族の数だけ、幸せのかたちがある。
在宅医が看取った、輝く命と家族の物語

著者は在宅訪問医として、常時300人の患者を抱えています。日々の仕事の中で、看取りの家庭で起こる家族の感動的な場面を目にしてきました。病院で亡くなることが、現代社会ではまだまだ一般的です。
しかし、住み慣れた家で最後を迎えるということは、患者さん本人が最後まで家族の一員としての役割を全うし、充実した人生を過ごすことにつながります。
今後、「多死社会」を迎える日本において、「自宅で家族を看取る」という選択は、住み慣れた家で死ぬという本人のメリットだけでなく、看取る側の家族にとってもとても貴重な体験となるものなのです。看取る過程のなかでも心の準備ができるほか、家族間のコミュニケーションが生まれ、絆が深まります。
本書は、著者が看取ってきた様々な患者さんとその家族の姿を描き、家族の在り方、人生の過ごし方はもちろん、在宅医療の姿やメリットを訴えます。

目次

1 最後の大宴会
2 住み慣れた家で最期まで
3 別れの曲
4 最後の奇跡
5 生きているという意味
6 一杯のラーメン
7 最後の願い
8 家族の確執
9 最期まで二人で
10 101歳の約束

著者:小野宏志

医療法人社団心理事長。日本在宅医学会理事。日本在宅ホスピス協会世話人。1969年9月26日、滋賀県長浜市生まれ。産業医科大学を卒業後、浜松労災病院に心臓外科医として11年勤務する。2005年9月、静岡県浜松市で、在宅医療、看取りを行うため「坂の上ファミリークリニック」を開院。2006年に医療法人社団心を設立。2013年9月には日本在宅ホスピス協会全国大会の大会長、2014年3月には日本在宅医学会全国大会の大会長を務めるなど、地域医療の普及のために全国的に活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

人生を成功に導く「しくじり」のススメ

郭 樟吾

薩摩の郷中教育に学ぶ 最強の後継者育成

塩野 時雄

子どもを自立させる 管理しない子育て

鈴木 久夫

デタラメ受験戦争 失われた「学びの本質」

大坪 智幸