生きづらさの処方箋

生きづらさの処方箋

河北博文[著]

2014.07.25

1320円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

社会病理を見つめ続けてきた医療人が贈る「心が漂流する」若者たちへのメッセージ

「もっと楽に生きたい」「生きることは、なぜ、こうもつらいのだろう」――。
口に出しては言わないけれど、心の奥ではそう感じていたり、叫んだりしている若い方は少なくないのではないでしょうか。
本書では、社会病理を研究してきた専門家として、そして心のケアに重点を置く医療人として、
皆さんが現代社会を少しでも前向きに生きていくために知っておいてほしい考え方をまとめました。

目次

第1章 年々増加する「心が漂流する」若者たち
第2章 私たちは価値観の転換期に直面している
第3章 自分らしく、強く生きるための処方箋
第4章 生きづらい時代にも、自分が輝ける場所がある

著者:河北博文

社会医療法人河北医療財団河北総合病院理事長。1977年慶應義塾大学医学部卒業。83年シカゴ大学大学院ビジネススクール修了。84年慶應義塾大学医学部大学院博士課程修了(病理学)。88年から現職。公益財団法人日本医療機能評価機構代表理事副理事長兼専務理事、一般社団法人東京都病院協会会長などを務める。2006年渋沢栄一賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

そのとき、日本は何人養える? (食料安全保障から考える社会のしくみ) 

篠原 信

L&SCAPE 撮りたい世界が地元にある

Akine Coco/tomosaki

あなたを殺すサイコパス

松井住仁

親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ

三凛 さとし