コトノハ 二人の想いをカタチにする10のウェディングストーリー 

大串 淳[著]

2023.12.19

1650円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

コトノハに乗せて
愛する人たちへ「想い」を伝える――

闘病中の父へ、天国にいる母へ、大切な友人へ……
式を挙げる一組一組の想いをカタチにした唯一無二の結婚式
“コトノハウェディング”の物語

結婚式は二人がお世話になった人たちに感謝を伝え、
新たな家族となる決意を表明することで、ゲストから祝福を受け取るセレモニーです。
「感謝」「決意」「祝福」はどれも、普段なら照れくさくて口に出せない想いかもしれません。
その半面、人生の節目という特別な日になら、伝えられる言葉でもあります。

コロナ禍の影響もあり式を挙げることが当たり前ではなくなった今、
著者は結婚式をもっと二人の想いを伝えるものにできないかと考えるようになりました。
こうした本質的な結婚式の価値に改めて目を向けたことで、
著者は式に懸ける二人の想いはさまざまであることを実感していきます。
コロナで何度も延期になってもどうしても結婚式を挙げたいという二人、
母親が余命2カ月と宣告され急遽タキシードとウェディングドレスを用意した二人、
天国にいる母親に幸せになった姿を見せて安心させたいという二人など、
それぞれの想いに深く寄り添うことによって、
「想いを伝える結婚式=コトノハウェディング」を数多くプロデュースしてきました。

コトノハウェディングは、大切な人への想いを手紙につづり、
その言葉を「コトノハ」と名付け、互いに贈り合うセレモニーです。
本書では、新たな門出を迎える二人のさまざまな想いをカタチにした
コトノハウェディングの10の物語をプランナー目線で語っています。
これから自分たちらしい結婚式を挙げたいと思っている二人だけでなく、
式を挙げようか迷っているカップルにも手に取ってほしい一冊です。

著者:大串 淳

1970年生まれ。1994年久留米大学法学部法律学科卒。在学中から飲食店の店舗立ち上げ、各種イベントプランニングを経験。大学卒業後、冠婚葬祭業の会社を経て2002年3月に株式会社アルカディア(旧株式会社ロイヤルパークホテル)に入社。ウェディング事業部のゲストハウス新規プロジェクトに立ち上げから参画。2009年にグループ統括のゼネラルマネージャーを経て2010年に常務取締役、2013年9月に同社代表取締役社長に就任。趣味は読書、登山、音楽。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

そのとき、日本は何人養える? (食料安全保障から考える社会のしくみ) 

篠原 信

生涯現役宣言 枯れない男になるための生き方

萩原章史

決めるだけ。 「お金」も「恋」も勝手にうまくいく、人生を変えるレッスン

奥井 まゆ

自分らしく生きて、逝く

清田 武俊