模索の扉

ななつ まこ[著]

2022.01.17

1430円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

ためらいもある。後悔もある。
でも、生きていく。

“生きるとは”――
その答えはないものの、様々な語りが何かを指し示す。
家族の死や病に直面し、動揺、試行錯誤する家族の姿を綴った感動のエッセイ。

目次

一章 父の死に思うこと
二章 母が残してくれたもの
三章 母と妹の間で
四章 気づいてあげられなかった悔悟
五章 ひたすら頑張った末の福音
六章 夫の苦悩を察した後の共同
七章 あれこれさまよいながらわかってきたこと
八章 聴力低下は迷わず耳鼻科へ、納得できるまで徹底的に

著者:ななつ まこ

関西地方出身。調理師。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

プペルバスストーリー ―想いをカタチに

山口 修平

ある朝、突然手足が動かなくなった ギランバレー症候群闘病記

市川 友子

昭和日和下駄 一名 三田小山町散策記

上坂 泰樹

老人ホームからのブルース 老いのこころ

保花