• 『彼女とあの娘と女友達(あいつ)と俺と: 猫っぽいあの娘と女友達(あいつ)編』

  • 松代守弘
    現代文学

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    薄ぼんやりした日々をダラダラと過ごす『俺』は、セクシーで情熱的な女友達(あいつ)と、奇妙で変化に富んだ日々を過ごしていた。そんな『俺』が『猫っぽい娘』と出会い、エロティックな出来事に巻き込まれてゆく。

第1話 人妻と若い男とひよこ豆のカレー炒め

 女友達が男のナニをしゃぶってる気配を背中に感じながら、湯が沸くのを待っている。普段よりじゅぼじゅぼちゅぱちゅぱ音を立てているのは俺に聞かせたいのか、それとも男の好みだろうか?
 ホーローの薬缶にこびりついた油汚れをガスの炎が舐め、時折パチッとなにかが弾け、かつては深紫だった表面に新たな黒いシミをつける。

 湯が湧き、紅茶ポットに湯を入れ蒸らし、湯をマグカップへ移し、ティーバッグをポットへ入れ、沸かし続けていた湯をたっぷり注ぐ。その間ずっと、女友達は男のナニをしゃぶり続けている。だが、耳に入ってくる男の息づかいから、そろそろ終わりが近づいているようだった。安い茶葉の安いなりに穏やかで物憂げな香りが漂い始めたころ、俺は背後を振り返る。
「お茶、入ったけどいる?」
 男が女友達の口へ精を放つところが見えた。
「あ……アイスにできる? 無理なら水がいいな……」
 女友達は口元の精をティッシュで拭いながら低い声で答えた。男はなにも言わず、ただ荒く息をするばかり。俺は軽く頷いて湯を捨てたカップに氷を入れ、茶を注ぎ、女友達へ渡す。女友達は一息に飲んだが、それだけ。
 それ以上は欲しがらない。

 俺はミルクティーをちびちびすすり、女友達が男へ何言かささやきかけるのを眺めている。やがて、甘えた声になった男が女友達の唇を奪い、彼女友達を布団に横たえた。男の背中はやや張りがあり、鈍色に光る汗が眩しい。無駄な肉こそ無いが、鍛えているとうわけでもない。ただ、肌の張りに男の若さを否応なく感じてしまうことは、いささかばかり受け入れがたかった。
 見るとはなしに下を見ると、すっかりたるんでしまった腹がそこにある。腹の下には行為からなかなか回復せず、ぶらりと垂れ下がったままの男根と、白髪交じりの陰毛も見えた。少し冷めはじめた紅茶をすすり、なんとはなしに腹を撫で回しながら『腹でイチモツが隠れるほどではないわけだし』と、慰めにもならない慰めまで頭をよぎる。なんだかんだ言っても、比べたくはないのだ、若い男と自分とは。
 気が付くと、女友達は再び男を口にくわえていた。女友達は『見ないでちょうだい』と、かすかに非難がましい眼差しを送っている。別々にセックスするんじゃ、男を家へ呼んだ意味もなくなるが、仕方ない。台所の扉をそっと閉め、冷めかけのミルクティーに口をつける。全裸のままでいるのもなんとなく気が引けるし、とりあえずエプロンを付けてみたものの、やることがないのには変わりがない。扉の向こうからは、時折くぐもった声も聞こえてくる。まぁ、せいぜい気にしないよう、まかり間違っても耳を押し付けたりしないよう、自分に言い聞かせる。
 手持ち無沙汰で小腹も空いた。なにか、作るか。
 ひよこ豆の缶詰を開け、ベーコンを切り、にんにくと玉ねぎを刻む。それぞれなんとなく炒め、イラン人の店で買ったミックススパイスを目分量で放り込むと、オリブ油やにんにく、ベーコンの香りと混ざって、魔神でも出てきそうな煙が立ち込めた。甘い、それでいて刺激的な匂いが猛烈に食欲をそそる。本来はマトンやラムの臭みを消す強いスパイスだから、ベーコンだと香りがバッティングする。けど、その辺はあまり考えない。そもそも、イラン人はベーコンなど食わないから、相性が良いはずもない。
 ミックススパイスは、恐らくチリベースにコリアンダーとナツメグ、生姜、それにもしかしたらシナモンも入ってる感じだが、その他は全くわからない。甘い香りのくせに猛烈に辛く、量を間違えると大惨事という危険なシロモノだ。イラン人の店で買うのだが、イラン産ではないらしい。
 イラン人の店はサフランやざくろジュースも売っていて、どれも信じがたいほど安く、交通費を払ってもお釣りが来るため、半月おきぐらいで買いだめに出かける。以前、店に行ったら礼拝中で買い物ができず、時間を潰して再訪した時、店主がおまけにつけてくれたというのが、この謎スパイスと出会ったきっかけだった。
 ついでにパンもトーストする。半ば水気が飛んでいたので、フライパンの肉汁と脂をかけ、オーブントースターへ放り込む。これまた、大変な匂いが立ち込め始め、後の掃除が気がかりだが、あえて気にしない。ひよこ豆の炒めにミルクティーだとチャパティが欲しくなるところだし、トルティーヤにコーラでメキシカンも楽しいが、干からびたパンしかない。
 まぁ、仕方ないさ。
 こうして、料理を着々とこなしていた俺が、トーストとひよこ豆の炒めをよそう皿を出したところ、不意に扉が開き、女友達が裸で仁王立ちしていた。発酵して膨れ上がったナン生地を重ねたように柔らかく、美味しそうで、神々しい乳が、溶かしバターを塗ったように光っている。いや、実際に乳はローションに塗れて、さっきまでナニを挟んでこすっていたのか、臭ってきそうな生々しさだった。
「気が散ってしょうがないじゃない!」
「できないのか?」
「できないからあなたを台所へ行かせたの、わかってる?」
「すまん……暇だったし、腹も減ったし……たべる?」
「しょうがないね。いいけど、それ、やっぱすごく辛い?」
「あ……うん、たぶん」
「だよね、彼に聞いてみる」
 女友達は部屋の奥に引っ込むと、しばらくしてからパンツを履いて戻ってきた。
「たべるって」
 皿によそったひよこ豆とトースト、紅茶を座卓に並べ、下着姿の男女友達が取り囲むと、どことなく南アジアな雰囲気が漂う。女友達は大きな乳をタンクトップへ押し込み、長い髪を頭の上にまとめ、カラフルなバンダナを巻きつけているから、ますますエキゾチシズムの色が濃くなる。男は東洋的なまつげの長い切れ長の目を開き、やたら『美味そうな匂いですよ』と、妙にはしゃいだ声を上げている。
 そんな男を見ていると、若いというより子供のように見えて、卓を囲む男女友達が親子のような感じさえしてしまう。
「すごく、美味しいです」
 不意に、男が俺の顔を見て言う。敵意を感じさせてはならないと言い聞かせる前に、俺の眼は正面から男を見つめてしまう。幸い、男の言葉は世辞でも追従でもなく、本当に辛い料理が好物のようだった。パンをちぎり、丁寧に脂をすくって静かに食べる様子は、育ちの良さを十分にうかがわせる。
 そうかそうか、それは良かったと、曖昧に返しながら腹は減っていたのか? 辛すぎないか? などと、手料理を振る舞う人のよいオヤジを演じる。皆が食べ終わると、すぐ立ち上がって食器を片付け、その勢いで皿を洗う。
 汚れた食器をすぐに洗うのは、前の前に付き合っていた女に仕込まれた習慣だ。いや、その前かもしれないが、そんなことはどうでもいいか。
 少なくとも、俺の親はそうじゃなかった。父も母も、どちらも、そうじゃなかった。 湯を止め、皿を拭き始めると、待っていた男と女友達が風呂場へ入っていった。待たせてしまったと思うまもなく、身体を拭きながら女友達が出てくる。
「なんだ? 彼、帰るの?」
「うん、やっぱダメみたい」
「落ち着かないとダメか……」
「あなたみたいな人、そんなにいないね。やっぱり……それに……」
「それに?」
「あんだけ辛いマメたべた後にヤったらどうなるか、わかるでしょ?」
「マメが焼けるね」
「おい、パンツ脱ぎな!ちょいとしゃぶってやろう」
「すまん……」
 女友達は俺にタオルを投げ、そそくさと服を着始めた。
「彼には投げなかったの?」
「なんで? いじめたいの? 可愛こちゃんはいじめないよ。優しく可愛がるんだよ」
「そだね……ずいぶん可愛がってたな……送ってく?」
「うん、送ってくわ。ちょっとフォローしてあげたいし」
 俺は曖昧にうなずいて、タオルを洗濯機へ放り込んだ。何か気配がして、風呂場へ目をやると、半分ほどしか湯のない湯船に尻を漬けた男が困り顔で震えていた。すまんすまんとわびながら新しいタオルを渡し、女友達を呼ぶ。彼女はクスクス笑いながら、ごめんごめん、寒かったよね、などと声をかけていた。
 結局、男は改めてシャワーを浴び、女友達と出て行った。
 部屋の片付けは後回しにしてちょっと寝るか、でもその前にメールやネットのチェックはしておくかと、パソコンを立ち上げたが最後、自分でも意識せずに飲み物とスナックを用意していた。だらだら過ごす気満々だ。
 メールも新着情報もなく、誰も気の利いたネタひとつ流していないネット空間で、ちょっと女友達でも釣るか、動画でも観るか、それよりシャットダウンして部屋を片付けるかと、まだ夕方だし俺も出かけて良いかなと、スナック食べつつしばしモニタを見つめる。なんにしても、布団ぐらいは片付けておくかと、立ち上がったら部屋の隅には女友達の荷物があった。
 そうか……戻ってくるんだ。
 いつものことなのに、なにか少し不思議な感覚を覚えた。俺は女友達の名も歳も知らない。知っているのは、携帯番号とメールアドレス、そして女友達には法律上の夫がいること、その他は食い物とセックスの好みが一致していることぐらいだった。そう、俺も女友達もバイセクシュアルで、そろって肉感的な女友達と細身の男が好きだった。ただ、女友達は女友達を相手にする時は攻め、男が相手になると受けのリバだったが、俺は女も男も関係なく攻める。そこは決定的に違っている。だが、おかげでセックスの役割分担もうまく行っていた。
 女友達は都合の良い時に来て、そして帰る。鍵も渡してあるから、好きなとき好きに使っても良いのだが、俺がいない時には来ない。そして、来る前にはいつも俺に連絡し、互いの予定をすり合わせる。また、どちらかが男や女を釣った時は、都度知らせる習慣にもなっていた。
 それがいつ始まったのか、今の俺は全く覚えていない。だが、女友達に言わせると関係を持った直後から、頼みもしないのに知らせてきたらしい。そんな付き合いだから、女友達が部屋へ戻ってくるのはむしろ当たり前だったのだが、今度はそのまま男と何処かへ行ってしまうような、そんな気持ちになっていた。
 自分で自分がめんどくさい。
 今回の相手は女友達がどこかで拾った男だったが、残念なことにヘテロでマゾヒストで、若いがゆえに経験も不足していた。おまけに所有欲が強いことに自覚を持っていなかったので、どう考えてもみんなで楽しめるはずはなかった。ただ、セックスへの好奇心は強く、行為に興味を感じていたのは間違いないし、実際に部屋まで来て、服も脱いだのだから、よく頑張った方とは思う。乱交に興味を示す人間は思いのほか少ないし、興味を示しても、いざ誘われるとしり込みする。むしろ、乱交に露骨な嫌悪感を示す人間のほうが、実ははるかに多い。
 多くの人々が嫌悪し、また嫌悪せずともしり込みする乱交の世界で、互いに外見や性的な趣味嗜好の一致する相手を見つけることは難しい。女友達と巡り会うまでのめんどくさい道のりを思い出しながら、ほぼほぼ理想的な相手と巡り合ってもなお、それでも俺は別の相手を探し続けるし、女友達も同様であることの不安定さに、かすかな憂いを感じてしまう。不安定なふたりだからこそ互いが必要で、惹かれ合い、結びついている。しかし、同時にそれは関係が決して落ち着いたりはしないこと、またどちらかが連れてくる相手によっては大きなリスクをもたらすことも意味していた。
 女友達が男と帰り、そのまま再び会えなくなったとしても、それはそれで受け入れるほかない。逆に、俺が別の女友達を見つけて……ちょっと考えられないな……そう思った瞬間、俺が主導権を失いつつあること、それが不安の根源なのだろうと気がついた。
 鍵を回す音がして、振り返ると女友達が部屋へ入ってきた。
「ただいま」
 ただいま、か……でも『ただいま』だよな。
 曖昧に挨拶を返し、モニタへ向かったまま苦笑を押し殺していると、女友達が後からまとわりついてくる。背中に当たる大きく重い乳房の感触が心地よい。女友達の手を引き寄せ、肩越しに唇をむさぼると、甘ったるいクリームとソイラテの味がした。

第2話 北部風の甘いコーンブレッドと女友達

 梅雨時とはいえ、あまりに激しい雨音で目が覚めた。未明の予報では夕方までにやむということだったが、気がつけば強まる一方で、梅雨寒にしてもひどく寒い。それもそのはずだ。終電で来た女友達とシャワーも浴びずにはげしく交わり、そのまま裸で寝入ってしまっていた。

 頭を軽く起こし女友達の姿を探したら、隣で半身を起こして大きな乳房をおもたげに持ち上げ、身体の脇を抑えつつ顔をしかめていた。もし乳に絡むことなら、男が下手なことを言うと地雷を踏む。そっとしておこうかとも思ったが、なにかただならぬ雰囲気だったので『大丈夫?』と声をかける。
「大丈夫じゃないけど、大丈夫。雨と寒さで肋間神経痛来ただけ」
「なにか、できることある?」
「ありがと。でも、ないわぁ、むしろほっといて欲しい」
「そか……もしかして、温かい飲み物とか、いる?」
「あ、それはありがたいね。すぐ出来るのがいいんだけど……」
「大丈夫、インスタントコーヒーある」
「うわ、珍しい! はじめてかも?」
 女友達はいささか大げさに驚いてみせ、そしまた顔をしかめ、脇の下を抑えてつぶやくように言う。
「ごめんね……」
「えっ? なにが?」
「おきたらまたしようって言ってたけど、ちょっと無理かも……」
「いやいや、無理しなくていいよ。逆に、夜中にやって、裸で寝ちゃったのが悪かったかなって……それに、夜にはみんなで楽しめるし」
「あはは……いつっ! 笑うとダメね……いいの、私もしたかったんだし、ホントはいまだってやりたいんだし……でも、そうね、今夜は新しい娘も来るから……なんとかそれまでには……ね」
 女友達はそう言うと再び横たわり、乳を下から支えるよう腋から胸を抑えて丸くなった。そう、今夜はふたりともまだ会ったことがない女性との楽しみが予定されている。それも、メッセで『素敵なお姉さんに甘えたい』なんてやりとりしていた娘なだけに、女友達は予定を組んだ日からずっと、俺もいささか呆れるほど楽しみにしていた。仕方ない、ここは『我慢の時間帯』だな。
 俺は薬缶を火にかけ、カップとインスタントコーヒーを用意する。裸だとさすがに寒いのでエプロンを付けたが、さして意味はない。そうこうしてる間に湯が沸き、カップへ注ぐとインスタントなりにコーヒーらしい香りが漂う。女友達はブラックで、俺はミルクをたっぷり入れる。
 気がつくと、女友達はパンツを履いて胡座をかき、脇腹を気にしている。カップを渡ししつつなにか食べるかと尋ねたら『甘いモノが欲しい』と答えた。
 甘いモノか……。
 ジャムトーストでも食べるかと台所の三段ボックスを確認したら、昨日の食パンにカビが生えていた。嫌な予感がして冷蔵庫からカップのママレードを出したら、こちらもうっすらカビている。近所のパン屋で買うときは即日消費が基本なのだが、夜食のつもりで残したのが裏目に出た。食わずにやって、そのまま寝ちゃったからな。
 ママレードのカビは、おおかたスプーンの二度付けだろう。いずれにしても、買い物に出るかなにか作るか、さっさと決めねばなるまい。とはいえ、この雨の中、出かけるのは億劫を通り越して難儀だし、改めて食材を確認すると、選択肢はほとんどなかった。
「コーンブレッドとか、どうかな? 甘いやつ」
「え? トーストでいいのよ」
「いやぁ、カビちゃっててさ……」
「ゲゲ! 昨日のパンだよね?」
 うなずきながら女友達にパンを見せると、たちまち顔が曇った。カビを削れば食えなくもない程度かもしれないが、梅雨時に神経痛で苦しんでる人間が犯すリスクではない。結局、女友達が風呂で髪を洗い、体を温めている間に、コーンブレッドを焼くと決める。
 オーブンレンジの予熱を始め、小麦粉にとうもろこし粉、砂糖をざっくり混ぜ、次に卵やらミルクやらを混ぜて、粉と合わせる。マーガリンは湯煎したいけど、この際だからそのまま混ぜ込む。生地を型へ流し込んだ頃には予熱も終わり、オーブンへ入れタイマーをセットし、続いてボウルやらなにやら調理器具を洗い始める。
 そこに、タオルを巻いた女友達が、髪を拭きながら出てくる。楽しげに『いい匂い』と声をはずませる女友達へ、もう少しかかることを告げたら、ゆっくりドライヤかけるから大丈夫と返された。
 そんなこんなで焼き上がり、型から抜いて切り分ける。甘いとうもろこしの匂いが立ち込め、切り口の鮮やかな黄色味が眩しい。端の小片を味見する。まぁまぁ、なんとかなってるか。再びコーヒーを用意し、コーンブレッドを盛り分ける。今度は女友達も少しミルクを入れた。
 ひと口ごとに、とうもろこし粉の食感と甘さを撒き散らし、噛むと口の中から水分を奪い去るので、最後はコーヒーで流しこむしかないような、そんな食べ物ではあるが、それでも味は決して悪くなく、俺と女友達の腹を満たすには十分すぎるほどだった。半分ほど残ったので、今度は密閉容器に保存したが、それでも早く食べねばなるまい。
「パンがカビたから焼く羽目になったコーンブレッドまでカビさせちゃったら、ちょっと笑えないね」
 俺がクッキングシートに包んだコーンブレッドを容器にしまいながらぼやく。
 すると、女友達は「しょうがないよ、梅雨時だもの」と笑った。
 ふと「工場のパンならカビなかったかも」なんて言葉が、俺の口からこぼれ出た。
 すると、女友達は真顔で「それ、ネタを振るときは相手を選んだほうが良いよ」と忠告してくれる。
「うわぁ! もしかしてあんな本やネットのデマ信じてる人、まだいるんだ」
「信じてるっていうかさ、地雷。なんていうか、工場のパンを食べないってのが、生き方へ組み込まれちゃってるんだよ……だから、そういう人ってわかったら、波風たてないように笑って、そっと逃げるしかないのね」
 そこまで言うと、女友達はぬるくなったコーヒーといっしょに溜息も飲み込んだ。
「そういや会話が一方通行というか、マウンティングになっちゃう人がいたな。いや、いたとか、そういうんじゃなくて、そういう人ばかりだったんだよ。でも、黙ってると向こうから話しかけるだろ、そしたらやっぱ会話のゲーム始まっちゃうからさ。結局、それでしんどくなって会社辞めたんだっけな……俺」
「それ、女友達の世界も……ガールズトークなんて、マウントの取り合いだもの。でもね、あなたもたまにしかけてくるのよ、マウンティング……気がついてないと思うけどね」
「それ、ハメる時の話じゃないよね」
「うん、しゃべる時。そういや、私以外でもあんま騎乗位させないね。嫌いなの?」
「嫌いっていうか、うまくあわないんだよね。股関節が硬いから、角度がさ」
「だから、すぐマウント取るんだ。でも、バックだとマウント好きよ。私のねじれマンにはぴったりあってるからさ」
 言いながら、女友達は人差指と中指を捻るように交差させ、ちょっと下品に曲げて笑った。俺も釣られて笑いながら、女友達の膣口付近がやや複雑な形で、男根に手を添えてもらわないと挿れにくいこと、しばしば『あなたのが太すぎるのよ』と茶化していたことなどが脳裏をよぎる。
 強いというか、女友達は微妙な話題をすんなり落とし込んだり、かわしたりが上手い。だから、知らず知らずの間に、そういうところへ甘えていたんだろう。とは言え、甘えることと相手を軽んじることを隔てるものはなにもない。ただ、相手が心地よく受け入れている間は、それが甘えになっているというだけに過ぎない。もし、不快感が芽生えたら、その瞬間からすべてが変わる。
 そして、相手が心地よく受け入れるか、不快に感じるかどうかは、人間関係の蓄積で左右される。
 ただ、今夜の娘は俺も女友達も初対面だ。これまでは俺か女友達か、既にどちらかと関係を持っている相手だったから、会話やセックスの主導権についてはあまり考えずに済んでいた。また、俺が初対面の相手と会う時も単純で、主導権を握るか相手に任せるかは、俺が独りで決めれば良いことだった。できれば、今夜は女友達に仕切りを任せたいところだが、そうもいかんだろう。
 めんどくさい。
 ふと女友達をみると、再び乳から腋下にかけ抑えるようにさすっていた。顔をしかめつつ、指先を肋骨に沿わせるように、ゆっくりと力を加えている。
「ひどく痛むのか?」
「痛いというか、渋い……めんどくさい」
「今夜、大丈夫かな?」
「大丈夫じゃなくても私、帰れないし、気持ちよく楽しくするしかないよ」
 そりゃそうだ。女友達は夫の日程に合わせて行動しているから、そもそも予定の変更余地は少ない。それに、もし変更可能だったとしても、セックスできないぐらい悪いなら、動かさずに休ませたほうが良いだろう。
 それに……。
「このまま雨がやまなかったら、来ないかもしれない」
 また、俺の口は余計な言葉を撒き散らす。
「うへぇ、そういうの言わないで。今だってやりたいの我慢してるし、夜だって楽しみだし、気持ちだけでも盛り上げたいのよ。大丈夫じゃなくてもなんとかするし、できるからだいじょうぶ!」
「だといいけど」
「大丈夫! テンション上げると痛くない! それに、あなたは状況や相手の用意した枠を意識しすぎるからさ、枠組みごと悪い方へ回り始めたらとまんないんじゃ? 大丈夫。夜はお姉さんがなんとかするから」
 女友達の言葉に軽く頷いて同意の意を示しつつ「おかわり、いる?」と問うたら、少し間を置いて「コーヒーもういいわ、できたら紅茶が欲しい」と返ってきた。食器を持って台所へ向かう。洗いながら湯を沸かし、ティーポットや茶葉を準備する。
 大丈夫、大丈夫の繰り返して、なんだかめちゃくちゃだけど、伝わるものはある。俺が会話を苦手としているのも、相手の枠を意識して、そこへ話を落とし込まねばならないと思い込んでしまうからだろう。そもそも、他人とまともにコミュニケーションできるようになったのは、ネットでのやりとりで相手の枠を把握するための時間的な猶予が得られてから。つまり、ようやく最近になってのことだった。
 もちろん、女友達はそれ以前の俺を知らない。ネットで何度か痛い目に遭い、いい加減に懲り、そろそろやめようかって頃に巡りあったのだから。
 もし、ネットで経験を積む以前の俺だったら。そんなことを考えると、つい苦い笑いがこみ上げてしまう。ここでうかつに苦笑すると、それこそ悪い枠組みを形成してしまいかねないが、大丈夫。女友達とは関係の蓄積がある。そこまで猜疑心が強くないし、もし悪意に取ったとしても、誤解を解く余地ぐらいは残されているだろうから。
 温めたポットへ沸騰したての湯を注ぎ、黄色いタグのティーバッグを放り込む。値段が安い割に味も香りも良い葉だが、抽出時間がややピーキーで、早すぎると色付きの湯にしなからず、かと言ってわずかでも長く漬けすぎると渋みが強く出てくる。それこそめんどくさい茶葉だ。
 マグカップに紅茶を注ぎ、ミルクを入れる。俺はたっぷり、女友達は少し垂らす程度。茶葉の香りがインスタントコーヒーやコーンブレッドの匂いと交じり、なんだか微妙な空気が漂うものの、いまさらどうしようもない。
「夕方まで、どうする?」
 カップを座卓へ置きながら、なんとなく尋ねたら、女友達は「そぉねぇ、どうしましょうかねぇ」と、茶化すように意味ありげな笑みを浮かべている。
「予定って、わかりやすく枠組みでしょ?」
 最初、意味をつかみそこねてきょとんとしていたら、女友達が「時間の枠組みも、会話のそれも、思考の範囲を決めるでしょ」と微笑みながら補って、ようやく気がついた。枠組みを決める時、俺はこっそりとマウンティングすることもある。あくまでも合意を取り繕いながら、その実は相手から選択の余地を奪っておいて……。
 そう、例えば目の前の女友達に、どれほど選択の余地があるのだろう?
「枠が決まってればなにかと楽だからね、あなたがついこだわってしまうのもわかるわ。でもね、なにかあれば枠は変わるし、その気になれば変えられるのよ」
「うん、だから枠を意識するんだろうね。ただ、枠組みに乗るか乗らないかは自分で決めたいし、できれば俺の枠にも納得してから乗って欲しいんだよね」
「ありがと、だから好きよ。無理やり乗せて、降りようとしたら首輪はめようとする人、世の中にはたくさんいすぎるからさ」
「どういたしまして。そして、できれば、もう少しこの枠に乗ってて欲しいなってね」
「もちろん、今後ともよろしく」
「じゃ、合体しようか?」
「いや『今後ともよろしく』は合成後のセリフだから」
「よく覚えてるな」
「へへへ、本作ったからね」
「うわぁ! 同人? 今度、読ませてよ」
「うん、同人誌。ただ、今夜の娘にはバラさないでよ。キャラわかんないんだから」
「うん、そこは大丈夫」
 そう言って俺は女友達を後ろから抱きしめ、掌に乳をのせた。女友達はされるがまま。痛みはかなり引いたようだった。

第3話 平らな顔の冷凍ピラフ

 深夜、とっくに終電も出ている時間だというのに、ジリジリとセミが鳴いていた。遠くでカラスが騒いでる。都会の夏、アスファルトはまだ熱を放っていて、蒸し暑さをさらに加速していた。俺はふたり分の荷物を担ぎ、前を歩くスキニーでショートカットのちょっと猫っぽい娘の後をとぼとぼと歩いている。なんだかじゃんけんに負けた小学生めいているが、娘の細い背中に浮かぶ汗ジミとブラの線を追う眼差しはあからさまに粘っこく、まさに中年エロオヤジのそれだった。
 ゲイのカートゥンアーティストとレズビアンのストーリーライターが対談する、おしゃれトークイベントの会場で、俺はその猫っぽいあの娘と出会った。最初にその娘を見つけた瞬間、俺は【東京少年】を思い出し、猫っぽいあの娘は【愛の新世界】を思い出していたのは、後になってわかったこと。ともあれ、サロンとも居酒屋とも付かない会場で飲み物を持ちながら席を探す娘を、俺が目ざとく見つけて、にこやかに「よかったら、相席いかがです?」と声をかけた時、あの娘も『あのオジサンのところしか空いてなさそう』と考えていたらしい。騒々しい店内で、言葉の代わりに娘は会釈を返し、微笑みながら片手をあげていた。
 俺の声に振り向いた娘は、最初は露骨に警戒の色を見せていたっけ。それは、見知らぬ他人に声をかけられた路上の猫そのものだった。ところが、俺が手元でひねくりまわしていたカメラに気がつくと、少し考えるような素振りをみせてから、こちらのテーブルへ飲み物を置き、静かに腰を掛ける。ぬるぬると身をくねらせ、しずかに歩みよる姿も猫だった。
「ありがとうございます、相席させていただきます」
 丁寧に挨拶する娘の声には澄んだ可愛らしさがあり、つい猫っぽい娘へ向ける眼差しまでやに下がってしまう。しかし、娘が「もしかして、それアイコンのカメラじゃないですか? あいかわらず名前は読めないんですけど……」と俺のソーシャルアカウントを口にした瞬間、浮ついた気持ちに手錠がかかった。
 たしかに俺はそのカメラをアイコンにしていたし、ぱっと見でわかるほど特徴的だったので、イベントにも目印というか、それこそアイコン代わりになればと思っていたが、まさか声をかけた娘の目にとまるとはね。
「え! もしかしてフォロワーさん? たしかにアイコンのカメラですよ。相互だったらいいんだけど……あれ、あれ? ちょっとアカウント教えていただけます?」
 ともあれ、俺は娘の言葉を肯定しながら、彼女のアカウントを確認する。
 うわっ!
 アルファとは言わないまでも、めっちゃフォロワー多い。そして、俺は相手をフォローして無い。これはちょっと気まずいかも……。
 だが、俺はそのアカウントに見覚えがあったし、それどころか相互フォローだった時期もある。たしか、受験を控えてソーシャルメディアをやめるとか、そんなことをつぶやいていたのが最後だったような、そんな記憶があった。そのころよりフォロワーがかなり、いやびっくりするほどふえている以外、アイコンもソーシャルネームも変わっていなかった。ただ、プロフィールが『裏も表もない普通の工口女。承認欲求こじらせだけど、槍目は即風呂』なんて、なにやらきな臭い文言に変わり、フォロワーもすさんだ雰囲気のアカウントが並んでいた。
 実際、眼の前の娘はあどけなさのなかに怪しさをやどした、桃の種をすこしつぶしたようなかたちの目と、切れ長の二重まぶたが印象的で、ホールのほのぐらいテーブルでもふわっとうかびあがる、強い目元だった。それは、ひごろから声をかけられたり、言い寄られているんじゃないかと思うほどに美しく、魅力的で、さっきの反応にもそういう経験が現れていたような、そんな気がしてくるくらい。だから、こうして同じテーブルを囲んでいるのは嬉しい誤算なんて生やさしいものじゃない、生涯のとは言わないまでも、数年分の幸運を使い果たしたような、そんな気持ちすら芽生えてくる。ただ、それは弁解の余地もなにもない、彼女のフォロワーたちのような、掛け値なしに下品な欲望の土壌に芽吹いた、隠花植物のごとき感情であった。
 とはいえ、喜んでばかりもいられないだろう。
 こまったことに、トークイベント自体は非常に楽しく、愉快で、時には猫っぽい娘のことも忘れて話に聞き入ってしまう。
 ゲイのカートゥンアーティストとレズビアンのストーリーライターがイベントで対談するのは、これが三回めか四回めだ。それまでの企画を踏まえているためか、今回の内容は少々マニアックだった。猫っぽい娘は途中からついていけなくなったらしく、みかねて時折トーク内容をフォローしていたものの、だんだん飲む方へシフトしていったように思えたのは、気のせいじゃなかったらしい。

 トークがひと段落して休憩に入ると、猫っぽい娘は「これ私が飲みますから」なんて、反応に困るセリフを吐きながらに俺へ目配せし、高く手を上げて生ジョッキとバーボンを注文する。
 やがて、ビールジョッキとショットグラスをならべた猫っぽい娘は、なぜか小さくガッツポーズすると、面白くてしかたなさそうに「こういうの、自分でやってみたかったんですよ」なんて言いながら生ビールをあおり、はんぶん近く空けてしまう。
「ずいぶん景気良く飲むね」
「これからが本番ですよ」
 俺は意味をつかみそこねたまま、あいまいなほほえみをかえしていると、猫っぽい娘はショットグラスをつまみあげ、そのままジョッキに落とした。
「ヨシ!」
 やがてビールの泡がおさまると、猫っぽい娘は軽く気合を入れ、ジョッキを目の高さまで持ち上げ、ぐいぐいあおる。
 その、どう考えても危険な液体をたっぷり流し込み、ぶふっふぅぅなんて、妙な節をつけたげっぷをまきちらすと、猫っぽい娘は楽しげにまなざしをおよがせる。ジョッキの水位ははっきりわかるほど減り、縦にのびた泡の筋が怪しげな模様を描いていた。
「いい感じ!」
 俺もよくわからないまま深くうなずき、祝福のサムアップで応じる。
「おじさん、よかったら飲みません?」
 え? そういうナニカなの?
 どう考えても悪酔いしそうなカクテル……なんてもんじゃない、ちゃんぽん飲みだ……に、どことなく儀式めいた作り方とあわせたら、あからさまに仲間内の結束を高める飲み物で、これはもう盃を受けるか受けないかって話かとも思うが、だが、しかしだ。
 俺はセックスが期待される局面では絶対にアルコールを取らないし、食事も最小限に抑える。なにしろ、そうしないと自分の性的能力を発揮できない年齢なので。
 問題は、その盃ならぬジョッキを受けるのは目の前にいる猫っぽい娘との結束を高め、ふたりですごす楽しい夜の招待状だったとしても、酒にやられて据え膳が食えないかもしれないジレンマだ。
 まぁいいさ、よく考えれば単純な話だ。断ったら可能性はなくなるが、飲めば可能性は残る。それだけのことだ。それに、飲み物そのものへの好奇心もあったし、ここで若い娘を相手に引き下がりたくないなんて、そんなカビ臭いマチズモを刺激されなかったかと言えば、やはりうそになってしまう。
 とはいえ、飲むにしても迷いすぎた。いまさらだがちょっと驚いたような表情を作り直し「えっ、いいの?」なんて、知性のかけらもないベタな言葉をはさむ。
「へへへ、ちょっと距離感おかしいですかね? でも、いつもタイムラインで見てるし、なんだか初対面って感じもしなくて。あ、いや、もしおじさんが気にしないなら、ですけど」
「いやいや、ありがたくいただきますよ」
 ジョッキへ手を伸ばす俺に、猫っぽい娘は「意外なほど飲みやすいんですよ。それ」なんて、みょうにはなやいだ声をかぶせる。そして、たしかにそれは飲みやすかった。
 猫っぽい娘は、おっかなびっくりすすったあと、もうひと口、こんどはぐいとあおった俺を真正面からみつめ、意味ありげに「するする入っちゃうでしょ? 危ないくらい」とほほえむ。俺はなにも考えず「これは酔いそうだね」と応じてしまったが、さてこれからどうしたものか?
 トークの後半が始まると、俺は積極的に猫っぽい娘と話し込むようになり、娘は娘でおおいにメートルを上げた。トークの終盤に入った頃には、猫っぽい娘と俺は互いにしなだれかかり、見るからにエロい雰囲気になって嬉しい半面、周囲の目線が気になりだす。さすがに猫っぽい娘もちょっとやばいと思ったのか、へんに芝居がかった口調で「なんか、悪酔いしちゃったみたいだからぁ、ちょっと外の風にあたるねぇ」と言い残し、席を立った。
 トークイベントが終了し、ゲストと客との雑談タイムも終わって、客も急速に減り始める。いちおう、店は始発まで営業しているものの、このまま待ちぼうけはちょっとカンベンしてほしい。もしかすると、本当にまずい状況じゃないかと、だんだんやきもきし始めた頃になって、ようやく猫っぽい娘が戻ってきた。そして、猫っぽい娘のげっそりと青みががかった頬と、死にかかった目をかざる古井戸のようなくまを見た瞬間、だいたいのことは察しがついた。
「おじさん、電車がなくなったんだけど、朝までつきあってくれる?」
「この店で?」
「お店を変えてもいいけど、ホテルだったら嫌です」
「飲みたいの?」
「うぅぅぅん、飲みたくないです。できれば、ちょっと休みたい」
「まぁ、休みたくてもホテルは嫌だよなぁ」
「おじさんの家ほほうがまだいい」
「えぇっ! なんで?」
「私は家もプライベートも教えない。オジサンは家と個人情報を知られる。なら、リスクは同じじゃないかなって」
「ふふふ、なれてるの? こういうの」
「わかんないけど、はじめてじゃないです」
「わかった。じゃ、俺の部屋へ行こう」

 猫っぽい娘の分まで会計を済ませ、店を出て歩き始める。電車でひと駅だが、歩いてもせいぜい小半時間といったところか。もちろん俺は慣れた道だし、なんだかんだいっても期待で足取りは軽い。しかし、道中を半分過ぎた再開発地区ぐらいから、猫っぽい娘の足元はわかりやすくふらつきはじめ、かといってこんな時間に再開発地区を流すタクシーなどあるはずもない。この際だからアプリで呼ぶかとも思ったが、リアルにワンメーターかそこらの距離だし、なんとか歩こうと考え直す。そして、部屋のあるビルへたどり着いた頃には歩くのもやっとという有り様だった。
 ふたつある錠前を、それぞれ別の鍵で開け、ダイヤルキーを暗証番号で解除し、今度は重たい鉄扉を手前に引くのだが、すぐ後ろには猫っぽい娘が……。
 いない、と思ったら、階段の途中にへたり込んだままだ。部屋の扉が外開きなので、途中から俺だけ先に上がったのだが、そこから先はまったく進んでいない。仕方なく担いで持ち上げようとしたのだが、完全に酔いつぶれてるので、やりにくいことおびただしい。結局、俺が猫っぽい娘の両脇から腕を入れ、カンヌキをかけつつひっぱりあげたが、それでも最後は力任せに引きずっていた。
 ともあれ、あとは階段の途中で置き去りにした猫っぽい娘の靴や鞄を回収し、ともども部屋の中まで運び込めばひと安心だ。もろもろ終わって部屋の扉を閉めた時には、俺もかなりぐったりしていた。
 ついさっきまでは、猫っぽい娘もなんとか自力歩行できていたのだが、階段の途中から急にぐったりしたのだろうか。こうなってしまったらお楽しみどころじゃないので、とりあえずマットレスを広げ、猫っぽい娘を寝かせる。ネットで泥酔者のケアについて調べると、回復体位なるものを紹介していたので、着衣をゆるめて横向きにするなど、その通りに対処した。幸い、吐き戻すような気配は見当たらないが、念のため洗面器と新聞を用意する。
 寝部屋のいい場所を猫っぽい娘へ明け渡してしまったので、俺はひとまず台所で今夜の対策を練る。蒸し暑い夜だったので、まずは着替えてシャワーでも浴びようと思ったが、俺の着替えも荷物も、猫っぽい娘を寝かせた部屋にある。とはいえ、彼女がみてるわけでもなし、ぱっぱと脱いでシャワーを浴びる。
 手早く身体の汗や居酒屋でしみたタバコ、酒の臭いを流し去り、体を拭いたら、使えるタオルがなくなった。押し入れも寝部屋にあるので、少し湿り気が残るバスタオルを巻いてしのぐ。夜明け前だというのに蒸し暑いから、むしろちょうどよいくらいだ。小腹も空いたし、なにか軽く食べたいところだが、できるだけ手早く、それも静かに作れる料理が望ましい。となると、カップ麺か冷食ってことになるが、部屋にあるのは冷凍ピラフぐらいだった。
 トークイベントの居酒屋飯を回避したのに、結局は冷凍ピラフに行き着いてしまうなんて、ほとんど釈迦の手のひらで踊る孫悟空だが、それもまた人生塞翁が馬ということ。意を決して袋を開けて耐熱皿に広げ、真ん中をへこませると百均ラップでざっくり包む。量が多いので最初にある程度まで加熱し、ムラを防ぐためラップを開いて混ぜ、再びレンジに掛ける。レンチン音を回避するためタイマー寸止めし、扉を開けたら、皿の上にあったはずのピラフが消滅していた。
 なにが起こったのか、最初は全くわからなかった。悩んでいても仕方ないので、ミトンをしっかりはめ直し、レンジから皿を出す。見ると、ラップとピラフは圧縮されたかのごとく、皿の底へへばりついている。変な声が出そうになったものの、なんとか押さえて、そっと溶けかかったラップをはがす。眉毛を焦がすかと思うほど熱く、もうもうたる湯気の向こうには真実の口があった……。
 今度という今度はオードリー演じる王女めいた悲鳴を上げそうになったが、自分は腹の出た中年親父にすぎないことをかろうじて思い出し、もういちど踏みとどまる。無言でスマホを取り出し、皿の底で睨む真実の口を撮った。
 そのまま、アルバムからソーシャルへポストして、女友達にも共有する。
 女友達には申し訳ないが、いまはしょっぱい気分を共有してもらいたかった。まぁ、流石に寝てるだろうから、朝食後のお笑いネタにでもしてくれればいいやと、そんなつもりだ。こんな状態だが、食べても問題はないだろう。捨てるわけにもいかないし、とりあえず胃袋に納めるかと思いつつスプーンを取り出したら、テーブルのスマホがふわりふわりと光っていた。
 おや、女友達からレスが来てる。
『あちゃぁーやっちまったな』
 起きてたんだ。そもそも女友達は夜型なんだけど、にしてもこの時間に即レスはびっくりだ。
『うん、やっちまった。でさ、これ真実の口だよな』
 わざわざ予測変換に出ない真実の口を入力してまでふったネタだったが、やや遅れて受信したのは『??? 真実の口って?』と、戸惑い気味のメッセージ。
『ローマの遺跡にあるおっさんの顔だよ。前にローマの休日ってハッシュタグつけてたから、わかると思った』
『あぁ、映画はみたけど覚えてない。通話しない?』
 まぁ、イベントやら猫っぽい娘やら、話すネタには困らないし、しかもそれぞれ微妙にややこしいとなったら、通話するのも悪くない。猫っぽい娘は隣で寝てるけど、話し声くらいじゃ起きないだろうと思う……とは言え、ぺったんこのピラフが冷めてしまったら、それこそ始末に負えないだろうし……すこし迷ったあげく『通話できないんだよ。残念』と返した。
『あれ? お持ち帰り?』
『うん、隣で寝てる』
 とりあえずそれだけ送って、平らな冷凍ピラフを食べる。
 見た目はほとんど中華おこげだが、残念ながらとろみ餡などどこにもない。幸いにも、味そのものはさほど悪くない。ただ、食べてるという実感が極めて乏しいのは、全くいかんともしがたい。
『いいの? ほっといて』
 半分ぐらい食べたところで、女友達からメッセが来る。
 まいったな。
 つい顔をしかめてしまう。
 通話にしとけばよかった。
 返事できない言い訳にせよなんにせよ、なにか返さなければならないのだが、眠気やら疲れやら食べごたえの全くないぺたんこのピラフやらが重なって、心底めんどくさい。いや、まぁ、無反応で放置したところで機嫌を損ねるような相手ではないし、せいぜいはじめたかなって思われるくらいだけど、だからこそなにか言葉を送りたくなる。
 そんな自分のめんどくささがあって、それを直視するのがまためんどうでもあった。
『やっぱ百均じゃ買っちゃいけない物のひとつだよね、ラップって』
 気がつけば、俺の指先は返事にもならない、なにひとつかみあわない言葉を選び、送信していた。
『あーそれ、ワタシもやった。真空パックなるやつ。使い道ないんで、セフレの娘とヤった時、フィルム代わりにあそこをラップしたけど、そっちでもダメだったわ』
 女のフォローは、長溜息とも苦笑とも付かない空気の動きへ紛れてしまう。
 膨らみそこねた真空パックご飯のような食感さえがまんすれば、失敗というほどではなかった。ただ、空腹は全く満たされない。むしろ食欲を刺激しただけだった。
 とはいえ、隣では猫っぽい娘がまだ寝ている。料理どころか湯を沸かすのさえ、いささかためらわれる。起きる気配がないことは、むしろ良いことなのかもしれないが、持て余した熱い気持ちのやり場は見つからない。
 ダメなものはダメで、そういうときはさっさと諦めて気持ちを切り替えるに限るが、それでもテンションはかつて無く低く、正直なところいささかしんどい。しかも、こういう時に限って、むだに下半身が元気だったりする。
『お持ち帰りした娘、酔っ払っちゃったの?』
『うん、すぐ寝ちゃった。かなり飲んでたから、こうなる予感してたんだけど』
 俺は低く静かにゆっくりと、どことなく投げやりさをのせた文字を返す。
『飲んでる娘に声をかけるなんて、めずらしいね』
『いやぁ、そういうわけでもないんだよ。長文になるけど、説明していい?』
『うん、おくって。まってる』
 猫っぽい娘が飲んだ奇妙なちゃんぽんの話を交えつつ、ざっくりと流れを送ると、女友達から最初に返ってきたのは『ボイラー・メーカーじゃん』だった。
『ボイラー・メーカー?』
 なにも考えず、オウム返しを送信してしまう。こうして、なんの役にも立たないデータが回線をながれさる。
『お持ち帰りした娘が飲んでたちゃんぽんよ』
『そんなにすごいの?』
『酒カスが手っ取り早く酔うためのカクテルね』
『うわぁ!』
 またしても意味のない返信。女のあきれ顔が目に浮かぶ。それとも、ため息混じりに頭を振ってるだろうか?
 ただ、すこしおいて届いた女友達のメッセージは、思いがけず不穏なものだった。
『その娘、正体なくすまで飲んで、それで即お持ち帰りでしょ? 気にし過ぎと思うんだけどさ、お土産あったらヤバイわぁ』
『あばばばばば。なんか、思い当たるフシある?』
『その娘がどうかはわかんないけど、毛じらみも流行ってるんだよ』
 多少のリスクは覚悟のつもりだったが、それでも気持ちはすっかり萎えてしまう。
『寒い時代だ』
『まぁ、やってないから良かったやん』
 女の慰めを受け取っても苦笑半分、やはり気持ちは渋いままだ。
『ほいほいついてきたしな。でも、確証はないんだよ』
『なにいってるのよ。知らない相手とするんだから、考えなくちゃ。定期的に検査もするのよ』
『もちろん、検査はしてるよ。すっかり年中行事だし』
『こんな話しても大丈夫っての、あなたほんとにいいところよ』
 女のメッセを受け止めてると、なぜか顔に笑みがうかぶ。弱々しいが、笑う気力もないよりははるかにマシだった。
 あまりにも手持ち無沙汰なので、猫っぽい娘の様子をうかがい、戻ってくる。大丈夫だけど、まだ寝てるようだ。むしろすっかり寝入っていて、少々なら音を立てても起きなさそうなので、インスタントコーヒーを飲む。輸入食材屋で配っていたサンプルだけど、こういう夜の気分にはぴったりだった。砂糖抜きのカフェオレにするが、焦げ臭いようなきな臭いような、怪しい異国の香りが立ち込め、俺の顔は再び渋くなった。
 とはいえ、渋い気分はひと口だけで消え去った。不意に起きだした猫っぽい娘が、裸にバスタオルの俺にたまげ、慌てて始発で帰ったからだ。
 美しい女を家まで連れ帰ったら、実は猫が化けていましたとか……真夏の夜にふさわしい物語じゃないか……そんななぐさめを独りごちて、俺は苦いコーヒーを捨てた。
 午後、買い物に出たた帰り道、なんとなく端末をチェックしたら、猫っぽい娘からメッセが届いていた。意外に思いつつ開封すると、丁寧な御礼の言葉に続き『介抱していただいた上、奢られっぱなしでは気がひけます。失礼でなければ精算させてください』とあった。
 奇貨おくべしか、あるいは奇禍の前触れか、しばし考える。
 頬を焼く西日の彼方で、蝉がうるさく鳴いていた。

第4話 骨付き豚のソテーとクリスマスのステキなお知らせ

 別れ際のキスは、これからもういちど交わるのではないかと思うほどに熱く、情感がこもっていた。わざとらしいほど濃く、強い香水の香りをまといながら、それでも風呂のニオイがしないかどうか最後まで気にしていたのは、なにごとにも抜け目ない女友達(あいつ)らしい振る舞いだった。
「ごめんね、ダンナが『やっぱイブは家で過ごす』なんていっちゃってさ」
 ディナーの用意が無駄になっちまったとか、ふたりぶんの食材をどうしようとか、そんなどうでもいい考えをうだうだもてあそんでいた俺は、なかばうわの空だった。なごりおしげな女友達にも「年末の平日でも定時であがれるっての、むしろえぇ話やろう」とか、なんの慰めにもならない言葉を放り投げてしまう。
 しまったと我に返ったのは「そかそか、いまからでも誰か呼ぶなら、私のも食べちゃっていいからね」と、女友達がめったにないほど鋭い口調でトゲのある言葉を突き刺したときだった。
「あ、ごめん。ちゃんと聞いてなかった」
 反射的に謝る俺だが、女友達は「ううん、いいの。あなたはそういう人だし、そういうところもふくめて好きなんだから」と、フォローだかダメ押しだかわからない言葉をまきちらし、さらに意味深な笑みを浮かべながら「へへ、ちょっと傷ついた?」なんて、反応に困る言葉までくっつける。
 俺は肯定も否定もせず「夕食にはちょっと早めだけど、肉を焼くよ」とだけ返す。
「ほんとに誰か呼んでもいいんだからね。気にしないから、わたし」
「おいおい、なんだか呼んでほしいみたいだね」
「うん、たいていのひとは無理だろうけど、あなたならこのタイミングでも呼べるんじゃないかなって? ちょっと思うの」
「いやいや、あおってもだめだよ。流石に無理だろう」
「つまんないな。呼べたら私にもおすそ分けしてもらおうって思ってたのに」
「そんなこったろうと思った」
 まるでさっきのトゲトゲしさはなかったかのように、俺と女友達はじゃれあう。ふたたび名残り惜しげに唇をあわせると、女友達は「ほんとにいくわ、注文したディナーが届いちゃう」って、慌ただしく階段を駆け下りていった。
 女の足音を聞きながら俺は台所へ引っ込み、エプロンを着ける。冷蔵庫の骨付き肉は既に味がついているから、後は焼くだけだった。
「宅配ディナーか……」
 口に出しながら、女友達が注文した料理店の動画広告を思い出す。

「画面、ちょっと見てみ」
「おぉ! ハピホリ! まだ使ってるんだ」

 じゃれつきながらスマホの画面にみいるふたり。パンイチの女が身を乗り出すと乳も肩から首筋へせり上がり、柔らかさと重量感がたまらない。とはいえ、こうしてたまに楽しむぐらいだから良いのだろうなと、日ごろ肩こりや肋間神経痛に悩まされる彼女を思い、乳に言及するのは自粛したんだっけ。
 スマホで予約したコースを見せる女友達に『かきいれ時なのはわかるけど、ネットでバンバン注文を受けても大丈夫なの?』なんて素人くさい疑問を投げかけたら、ちょっと驚いたような顔をしてたっけ。女友達によれば、最近は三ツ星クラスの店でも繁忙期は別に宅配用の厨房を用意し、それを短期契約の料理人で終日稼働させるんだそうな。だからイブの注文でも直前、なんなら当日までうけられるらしい。
 まぁ、俺はこの手の出前だか宅配だかのサービスが流行り始めたころから、どうにも好きになれなかったし、利用もしなかったから、どのくらい注文が込み合うのか、まったく見当もつかなかった。
 いや、そんな宅配サービスも、俺の世界と関わりがないわけではない。たとえば、いきつけの中華屋は宅配でかなり儲けているようだった。それに、前に行った請負仕事の現場は、社長がその手のサービスで昼飯を取ってくれてたっけ。まぁ、そこの社長も仕事も……いや、その手の悪印象と業態を結びつけるのは良くない。良くないんだ。
 頭をふって気持ちを切り替える。
 まず最初に肉へラップを被せて、電子レンジにかける。低温調理モードで肉を温める間に、使い終わったまな板や包丁を洗って格納する。この台所は工程ごとにいちいち調理器具をしまわないと作業空間が確保できないほど、狭いのだ。そして、つけあわせのコンソメスープを鍋で温め始めたところ、音声通話の着信音が鳴り響いた。
 ポップアップしたアイコンは、夏にトークライブで知り合ったショートカットのちょっと猫っぽい娘のそれ。
 なにせ、クリスマスイブの夕暮れどきだ。若い娘からの着信にときめくなという方が無理だろう。それに、さっきのやり取りもある。
 とりあえずコンロの火を止め、スマホを手に取る。
「おまたせ」
「ごめん、忙しかった?」
「ううん、大丈夫。おひさしぶりだね」
「うん、でもこないだは相談に乗ってもらったし。だからちゃんと検査にもいったのよ。それより、イブだけどホントだいじょうぶ?」
「あはは、ありがとう。あぁ、きょうはイブだね。でもかまわないよ。それより、なんかあったんじゃない?」
「わかる?」
「うん、実際なにもなかったら、俺に声かけないでしょ?」
「そ、そうね……」
 スピーカ越しにもはっきりわかるほど猫っぽい娘の声は暗く、心配症の自分にはどうにもこうにも嫌な予感しかしない。よせばいいのに、先走って「話したくないなら、今やなくてもえぇんやで」などと、妙な関西弁で話の腰を折りにかかってしまう。しかし、猫っぽい娘は冷静に「いいの、聞いてもらうつもりでかけたんだから」と返す。
 猫っぽい娘に話を続けるよううながすと、情けなさとめんどくささを混ぜてこねたような声であれこれつぶやいたあげく、ようやく口にしたのが「今日、検査の結果が届いたのね」だった。
 瞬間、俺の脳は警戒態勢のレベルを上げた。もし、猫っぽい娘が「ヨウチリョウなんだけど、病名は……たぶん……キンカンセンショウ……だと、思う」と続けなかったら、同意書に名前を貸すかどうかを考え始めていたろう。
「リンキンカンセンショウね。リンキン・パークでもリンリン病でもないよ」
「なに、リンリン病?」
「いや、リンリン病じゃなくて淋病。リンリン病はリンリナン症候群の別名で……って、ごめん。茶化していい話じゃないね」
 ギリギリどころか、通話を切られてもしかたないほどくだらない混ぜっ返しだ。リンリン病はもちろん、リンキン・パークだって若い娘には厳しいネタだろう。そもそも、こんな状況でネタをフルほうがどうかしているのだが、フラずにおれないほど衝撃の強い知らせでもある。
 動揺を抑えつつ、とりあえず猫っぽい娘に『感染相手の心当たりはあるか? 自覚症状はないのか?』などと問いかけてみるが、いずれも要領を得ない。自覚症状が全くないのはともかく、夏にトークライブで知りあう前後からクリスマスまでの半年に、だいたい20人弱の男性と性交渉し、必ずコンドームを使用したとは言い切れないと、そういった状況であった。
 先月末だが今月はじめくらい、最初に猫っぽい娘から相談を持ちかけられたときは、妊娠の方を心配していた。正直なところ、それにくらべれば淋病のほうがまだ気が楽というか、治療すればよいだけだからな。ただまぁ、それにしたって、ずいぶん気前よく関係したものだな。
「女性の淋病って、自覚症状はないことのほうが多いからね。オリモノは多い方?」
 ほとんど幼児に話しかけるかのように、優しく訊いてみても、猫っぽい娘は「うぅん、あまり良くわからないけど、たまにドロッとしたのがでたりもしたかな」と、やはり曖昧な答えだ。とはいえ、それだけ聞けば十分だった。
 結局、今からすぐにでも病院へ行き、治療を始めること。そして、肉体関係を持った相手【全員】へ連絡して、すぐに検査を受けるよう促すこと。そのふたつは【絶対にやらなければならない】と、娘へ強く言った。幸か不幸か、関係を持った相手は、ほぼ全員の連絡先を把握していて、日頃からやりとりしてる相手も少なくないため、ツテを手繰って人探ししなくても良いのは楽だ。
「それにしても、モテモテだったんだね」
「ううん、ほとんどサークルの先輩や仲間だから。モテ期じゃないよ」
「サークラじゃん……いや、なんでもない」
「でも、イブに連絡すると、みんな期待しちゃうよね」
「それはしょうがないよ。でも、はっきり言わないと、病気をプレゼントしたことになっちゃうかもよ」
「そうよねぇ、こんなクリスマスプレゼント、みんな嫌だよね……」
「連絡するの手伝おうか?」
「おじさんが? ハハハ、ウケるね」
 猫っぽい娘の腑抜けた笑いをスピーカ越しに受け止めながら、すぐに病院へ行くよう強くうながして、なんともしんどい通話を終えた。
 スマホの画面が暗転すると、なんだかぐったりしていて、さっきまでなにをしていたのかもわからなくなっている。あぁそうだ、肉を温めていたんだっけ。料理でもして、気持ちを入れ替えるか。
 頭をふって洗面台へむかい、ちょっとしつこく手を洗うと、電子レンジから肉を取り出す。
 いちど温まっていた肉だが、流石に冷めていた。脂が固まっていたのでレンジに戻し、軽く熱する。脂を溶かすと、表面の汁を軽く拭き取った。プレートの肉汁はバットに残ったつけダレと混ぜ、今度はフライパンを温める。既に骨までしっかり加熱しているから、後はタレを染み込ませながら表面をパリっと焼くだけだが、ここでしっかり焼きこまないと食感が非常に物足りなくなってしまう。
 しっかり色をつけると、火を少し細めてバットの汁とタレを入れ、肉をひっくり返しつつ、タレをしっかりからませる。いい感じの艶が出たら蓋をして更に火を細め、レンジ周りや床にの飛び散った油を雑に拭きとった。最後に、もういちど強火で肉の皮をカリッと焼いたら出来上がり。
 肉と付け合せのカット野菜を皿によそってスープを汁椀へ注ぐと出来上がり。
 独りで座卓と向き合うころにはすっかり日も暮れて、窓の外にはイルミネーションのひとつもない、再開発地域の暗闇が広がっていた。小さなケーキにローソクを立て、スパークリンググレープジュースをかかげ、心のなかで乾杯すると、ディナーというにはあまりにもささやかなクリスマスの食事を写真に撮る。
 骨までしっかり火を通してあるから、ぶ厚い肉でも食べやすかった。肉は汁気たっぷりでも、皮はカリッと香ばしいのは、われながらちょっと嬉しい。女友達が自宅の近所で買ってきたバゲット生地の小さな丸パンをちぎり、皿の肉汁を染みこませると、これまた自画自賛したくなるほどにうまい。和風の汁椀へ装われたコンソメスープがクリスマスの食卓に強烈な違和感を放っているのだが、味は良いのだから、まぁご愛嬌ということにしよう。
 独りでうまい、うまいと言いながら肉を食べ終えると、ちんまりしたケーキを切り分ける。最近はメッセンジャーのアイコンぐらいでしか見なくなった、いかにも昭和臭いイチゴのケーキをもふもふ食べ、だれもいないちゃぶ台の向こうにほほえみ、芝居がかった仕草で紅茶をすする。外見そのまま、バタークリームのどっしりした重い食感だが、生地もクリームも記憶のそれとは比べ物にならないほど美味しくて、昭和レトロそのものの貧乏臭さからは想像もつかない味わいだった。
 簡単に食器を片付け、とりあえずフライパンだけタワシで洗う。
 部屋へ戻ったところで、当然ながら誰もいない。
 無人の部屋でちゃぶ台にならぶ食べ散らかされた肉やケーキをみていると、なぜかネットミームと化したスポ根アニメの場面を思い出し、泣けるような笑えるような、なんとも奇妙な感慨が押し寄せる。
 まぁいいさ、食器を片付けて風呂にでも入るかとかがみ込んだところ、スマホの画面がぼぅっと光った。
 猫っぽい娘からメッセージだ。
『いまから、おうかがいしてもよいですか?』
 俺は文字列を確認すると同時に『もちろんいいよ。駅まで迎えに行こうか?』と入力していた。

第5話 coming soon