日本刀と日本人

日本刀と日本人

川島貴敏[著]

2020.12.15

800 円(税抜)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

日本刀は単なる武器ではない。
日本人の心を表象する日本文化の真髄である。
日本刀に魅せられ、刀剣商となった著者が語る、
「日本人が知らない」日本刀の魅力と、
日本刀を通して知る“本当の日本”とは――。

古くから日本刀は御守り刀として、親から子へ、主君から臣下へ、
そして花嫁の父親から娘への結婚のお祝いとして贈られてきた。
天皇の皇位の印である三種の神器が、鏡と玉と剣であることもよく知られている。
現在、日本に存在する国宝1100点あまりのうち、 約1割にあたる110点ほどが日本刀だ。
近年では『刀剣乱舞』の大ヒットで、若い人にも日本刀ブームが起きている。
そのように日本刀は、日本人と深いつながりがあるにもかかわらず、
現代においては実際に触れたり、目にしたりする機会が限られている。
日本人が忘れかけている日本の心と日本文化の魅力を、日本刀を通じて再認識できる一冊。

目次

はじめに
第1章 武器といえない日本刀
第2章 神代の時代から第二次世界大戦まで
日本の歴史は日本刀とともにあった
第3章 日本刀は日本人の証であり誇りである
第4章 「知らない」ことを知らない日本人
おわりに

著者:川島貴敏

昭和31年、静岡県富士市に製紙会社の長男として生まれる。日本大学経済学部在学中にアメリカ留学を経験し、そこで叔父の商売である日本刀の仕入れを手伝う。その後、自らも日本刀を売買する刀剣商として独立。昭和56年、川島美術刀剣(現株式会社泰文堂)開業。平成7年、株式会社泰文堂を設立して代表取締役に就任。平成21年より、全国刀剣商業協同組合副理事長を務める。銀座の並木通りに面した一等地に店舗を移転して、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

オススメ書籍

令和時代のお墓入門

令和時代のお墓入門

樺山玄基

自由と豊かさを手に入れる 60歳からの暮らし方

自由と豊かさを手に入れる 60歳からの暮らし方

浅沼静華

BISBEE'S 賞金総額世界一フッシングトーナメント

BISBEE’S 賞金総額世界一フッシングトーナメント

チーム鈴鹿

水回りから布類、野菜、ペットまで! 汚れの9割は水だけで落とせる

水回りから布類、野菜、ペットまで! 汚れの9割は水だけで落とせる

松澤民男