独立志向 昭和のITベンチャー起業家が語る仕事、家族、そして人生

独立志向 昭和のITベンチャー起業家が語る仕事、家族、そして人生

駒井俊之[著]

2021.03.22

1760円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

いきいきとした楽しい職場を創る。
IT産業の発展とともに歩みを続けた
「デジタル時代の第一世代」である著者が考える
ワーク・ライフ・バランスと独立志向とは――。

働き方をサポートする勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」や「タブレット タイムレコーダー」など、
オリジナル製品を開発するITベンチャー企業のネオレックス。
現在では安定経営を確立しているが、創業から15年間は苦労の連続だった。
本書は、創業者・駒井俊之の回顧録として、
幼い頃の出来事やネオレックスを創立するに至った思い、
そして新製品開発の熱意、息子たちへの事業承継までを記している。
著者が生涯を通じて持ち続ける「独立志向」と、
同社で大切に守り継がれる企業理念は、
現代のビジネスパーソンたちにも大いに参考になるだろう。

目次

はじめに
序章: 【独立宣言】独立志向は親の背中を見て
第1章: 【仕事】面白ネタを見逃さない
第2章: 【家族】夫と妻の役割分担
第3章: 【独立】夢は大きく、「新しい文化の創造」
第4章: 【新生ネオレックス】目指すはマネされるITベンチャー
第5章: 【事業承継】お父さんのように徹夜をしたい
第6章: 【ネオレックスの働き方】「やらされ仕事」ではなく「任され仕事」を!
おわりに

著者:駒井俊之

1944年愛知県生まれ。
1967年、金沢大学工学部に新設されたばかりの電子工学科を二期生として卒業。強い独立志向を抱いて地元・名古屋の家電修理会社に就職。2年後に勢いで受注した教育機器開発を機に「一人事業部」として電子機器の製造・販売に没頭。10年後に電子機器システム部門を社内創設し、5つの事業を軌道に乗せる。1987年、勤続20年を機に独立を果たし、妻とともにITベンチャー企業・ネオレックスを創業。数々の独自製品の開発を手掛けてきた。厳しい経営環境のなかでも仕事を目いっぱい楽しみ、多くの若手社員と、事業を承継した二人の息子たちのパワーで勤怠管理システムのトップシェアを獲得し安定経営に到達。2020年5月、株式会社ネオレックス代表取締役を退任した。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

唯一無二の会社の魅力を引き出す弊社ダシ屋と申します

吉田 誠吾

交通事故、労働災害、転倒・転落…… 患者が知っておくべき脊髄損傷リハビリ

柴田 元/

成果に直結する「仮説提案営業」実践講座

城野 えん

元メガバンク支店長だから知っている銀行融資の引き出し方

川居 宗則