EdTech エドテック テクノロジーで教育が変わり、人類は「進化」する

山田浩司[著]

2019.12.12

1540円(税込)

ネットで買う

書籍内容

教育ビッグデータの活用、AIによるテスト分析、巨大オンライン大学……。
今、教育業界で圧倒的注目を集めているキーワードがまるわかりになる、教育関係者必読の一冊!

EdTech(エドテック)とはEducation(教育)とTechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語です。
EdTechは進歩を続けるテクノロジーの力を使い、教育にイノベーションを起こすビジネス領域として世界中で注目を集めています。
例えば、子供向けの知育アプリを提供するSmart Educationや、小中高生向けの教育をサポートするスタディサプリ、
社会人向けでは英会話やプログラミングといった実践的なスキルが身につけられるschooやUdemyがあります。
今まで公の教育分野は主に、文化省などが管轄してきたため、こうしたITを活用したサービスが普及しにくい傾向にありました。
一方で政府は、2020年までに1人1台タブレットを配布する方針を発表しています。
しかし、マネタイズに成功しているサービスはまだまだ少なく、2020年までにどれだけマーケットが成長するか期待されるところです。
本書は30年もの間、通信教育による資格講座を提供してきた著者が、元祖・EdTechの実践者としての知見を余すところなく公開します。
Edtechでできること、また実際にどのような革新的なサービスがあるのか、今後の展望は……。
Edtech全体を語る、新概念の入門書です。

目次

第1章 教育×テクノロジー エドテックとは何なのか?
第2章 エドテックによって起こる教育イノベーション
第3章 米国で始まり日本へ 次々と生まれるエドテックサービス
第4章 小学校、中学校、高校、大学……教育機関にもたらされる変革
第5章 エドテックが教育と人類を「進化」させる

著者:山田浩司

1962年生まれ、名古屋大学法学部卒。
大手資格受験予備校を経て、難関資格受験予備校フォーサイトを設立。DVD学習を主軸とした独創的な受験勉強法を導入し、宅建、社労士等の難関資格において全国平均をはるかに上回る合格実績を上げる。自らも宅建、行政書士などの難関資格を多数保持。30年以上の間、遠隔での教育やインターネットを活用した教育を研究・実践してきており、エドテック関連の特許をすでに多数保有している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

デタラメ受験戦争 失われた「学びの本質」

大坪 智幸

子どもを自立させる 管理しない子育て

鈴木 久夫

人生を成功に導く「しくじり」のススメ

郭 樟吾

中高一貫校生徒の親が知っておくべき具体的すぎる難関大学現役合格メソッド40

乾 俊和