ある朝、突然手足が動かなくなった ギランバレー症候群闘病記

市川 友子[著]

2022.01.31

1100円(税込)

幻冬舎

ネットで買う

書籍内容

予兆のない発症、そして数日以内の急速な進行が特徴の『ギランバレー症候群』。最も重い「レベル5」と診断され、全身の筋肉の「まひ」や、それによる呼吸困難、幻覚・幻聴などの「せん妄」等数々の症状に苦しまされた著者。有病率10万人に1~2人という珍しさゆえ、未だ解明されていないこの病。その発病から回復までを当事者の視点から記録し、医療現場の様子などまでを克明に描いたドキュメンタリー。

著者:市川 友子

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

昭和日和下駄 一名 三田小山町散策記

上坂 泰樹

道は拓かれる 日本を超えて生きた女性の物語

渥美 泠子

うつ病バンザイ! うつ病・双極性障害の僕の話

しめさん

ドンに魅せられて 「ボレロ」がくれた76歳からの人生

九堀 不美恵