改訂版 ブラックトライアングル 温存された大手損保、闇の構造

改訂版 ブラックトライアングル 温存された大手損保、闇の構造

谷清司[著]

2015.12.20

1320円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

保険会社、国、そして裁判所。
交通事故被害者の前に立ちはだかる壁への
1人の弁護士の挑戦は、ここから始まった。

大手損保が軒並み最高益を記録する一方で、
保険打ち切り、見て見ぬ振りの裁判所、時代遅れの法律が依然として交通事故被害者の前に大きく立ちはだかっている。
2010年の刊行から5年が経過し、交通事故被害者をとりまく近年の状況を明らかにするべく、法改正や最新データを基に情報を改めた待望の改訂版。

目次

第1章 これが交通事故補償の実態だ
第2章 「払いたくない」保険会社の手口を暴く
第3章 後遺障害補償が抱える問題点
第4章 日本の保険制度のカラクリと問題点
第5章 問題だらけの交通事故裁判
第6章 今後の交通事故損害賠償のあり方

著者:谷清司

弁護士法人サリュ前代表/弁護士。昭和40年、大阪市生まれ。府立天王寺高校、京都大学法学部卒業。平成9年、大阪で弁護士登録。当時問題となっていた弁護士偏在解決の先駆けとして、同10年より弁護士過疎地であった山口県萩市に赴任、独立開業。同16年、弁護士法人サリュ設立。同27年現在、法律事務所を全国7カ所に構え、大阪にて執務する。平成20年より同志社大学法科大学院講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

あなたを殺すサイコパス

松井住仁

そのとき、日本は何人養える? (食料安全保障から考える社会のしくみ) 

篠原 信

決めるだけ。 「お金」も「恋」も勝手にうまくいく、人生を変えるレッスン

奥井 まゆ

L&SCAPE 撮りたい世界が地元にある

Akine Coco/tomosaki