スゴ腕サージャンが解説!改訂版 最高の白内障手術

中原 将光[著]

2024.03.08

1760円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

「いつまでもよく見える目」を手に入れる!
〝最高の白内障手術〟とは

手術法、手術のタイミング、多焦点眼内レンズの種類など、
これ1冊で白内障手術のすべてが分かる

白内障は加齢に伴って発症するもので、誰もがかかる可能性のある病気です。治療法が発達し、身近に手術が受けられるクリニックが増えたことなどから、「白内障手術は簡単」というイメージを抱く人も増えてきました。
しかし、実際に自分が手術を受ける立場になれば、「手術は怖くないのか」「本当に見えるようになるのだろうか」「治療法や医師をどう選んだらよいのか」など、さまざまな心配事を抱えてしまうものです。
白内障手術は安全に行えるようになってきたとはいえ、非常に繊細な手術であることは間違いありません。受けるからには後悔したくない、絶対に失敗しない信頼できるドクターに任せたいというのは、多くの人にとって共通の願いといえます。

著者はこれまでに、白内障手術を含む眼科手術を3万件以上行ってきたスゴ腕ドクターです。現在は自身の経営するクリニックで診察から手術まで一貫して行っており、医師単独でのクリニック手術件数は日本でトップクラスを誇っています。眼科の手術はmm単位の切除などの技術を必要とし、少しでも手が震えれば手術がより一層難しくなりますが、著者は手術中、絶対に手が震えないといいます。そしてどんな難しい手術も引き受け、実績を積み上げてきました。

この本では、「失敗しないスゴ腕ドクター」の膨大な知見をもとに、最新の〝最高の白内障手術〟について分かりやすく紹介します。良い手術とはどのような手術か、医師選びや眼内レンズの選び方、さらには加齢とともに増えてくる緑内障や加齢黄斑変性、網膜剥離などの網膜硝子体手術についても説明しています。

白内障手術はどこでも受けられますが、同じではありません。白内障についての基礎的な知識を身につけ、自分にとっての最高の白内障手術を受けるための手助けとなる一冊です。

※本書は2021年に出版された書籍の改訂版であり、3年の間に増えた眼内レンズの種類や手術の選択肢について、事例や説明を加えた最新の内容となっています。

著者:中原 将光

東京都武蔵野市生まれ。私立海城学園卒業後に国立浜松医科大学へ入学。
医師免許取得後、2003 年に東京医科歯科大学病院眼科の網膜硝子体グループにて
研修を積み、2005年に深作眼科へ勤務。
同時に横浜市大眼科医局に属し横浜市大センター病院にて
網膜硝子体疾患の診療に非常勤医師として従事。
その後、国際親善病院眼科、県立足柄上病院の部長を歴任し地域医療に貢献。
そして、深作眼科 副院長 兼 横浜院管理責任者就任。
手術の技術を求め、フリーランスの外科眼科医として全国で依頼手術を行い、
気がつけば誰もが断る最高難度手術も引き受ける諦めないという技術とタフさを身につける。
理想の診療と手術を提供するため、中原眼科を開院。

アメリカ眼科学会、アメリカ白内障屈折矯正学会、ヨーロッパ白内障屈折手術学会、
日本眼科学会認定専門医、日本抗加齢学会認定専門医、近視矯正手術ICL認定医、
DSEAK角膜内皮移植認定医、緑内障 iStent認定医、VISXエキシマレーザー認定医、
VISXフェムトセカンドレーザー認定医、オルソケラトロジー認定医、
光線力学療法(PDT)認定医、身体障害者福祉法指定医

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

起業家ナース

大石茂美

1,637 施設を調査した介護業界のプロが厳選 南大阪・京都・滋賀・奈良の代表的なホームも掲載 別冊「有料老人ホーム三ツ星ガイド2022 年度版」 大阪―兵庫 102 選

介護の三ツ星コンシェルジュ編集部

がんとの共存を可能にする3つの治癒力強化法

野本 篤志

人生が変わる塩

冨山悦昌