激レア 資金繰りテクニック50

菅原 由一[著]

2021.08.13

1650円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

☑銀行の決算1カ月前に融資を狙え
☑賞与は3月に支給
☑ドローン事業で節税と運用を両立しろ
ほか全50の資金繰りテクニックを掲載!

ブログ「脱! 税理士 菅原のお金を増やす経営術! 」で
Ameba公式トップブロガーに認定!
セミナーに参加した経営者は累計7000名超!
大人気税理士が教える激レア資金繰りテクニック!

会社の生存力を高めるには、負債がないことや黒字経営であることよりも、
手元に資金がいくらあるかということが重要です。
たとえ黒字経営でも資金がなければ、
いざというときに会社が成長するチャンスを逃してしまう可能性が高いのです。
また、コロナ禍のような状況では、資金不足によってライバルに差をつけられる、
苦しい経営から抜け出せない、などのピンチに陥りかねません。

資金を十分に確保しておくと、事業を何倍にも成長させることや、
窮地を乗り越えることができます。
そして借金は、キャッシュを増やして会社を永続させるための、
有効な資金繰りの手段の一つといえます。
借金のほかにも助成金や補助金など、さまざまな資金繰りの手段があります。
本書ではほとんどの経営者が知らない、会社をキャッシュリッチに生まれ変わらせる
「激レア」な資金繰りテクニックを解説します。

目次

はじめに

第1章 キャッシュのない会社は即倒産!
・企業の寿命はどれくらい?
・赤字倒産の会社はどれくらい?
・現金がないから潰れる!
・固定費6カ月分の現金を用意しよう
・現金が会社の命を救う
・危機は突然やってくる
・借りられる時に借りられるだけ借りる
・借金は繰り延べる
・「無借金経営がいい」という幻想
・資産は持つな、負債を持て
・現金はチャンスを広げる
・財務指標はアテにならない
・借入できるかどうかが重要

第2章 顧問税理士が教えてくれない
資金繰りテクニック50
・意外とできていない経営者が多い? 経営者必須の資金繰り10
01 経費に領収書は不要
02 固定資産は断捨離せよ
03 特別償却で課税はとことん繰り延べろ
04 融資担当者の評価基準を知れ
05 決算書の見栄えは良くできる
06 短期前払費用の一括損金算入は要注意
07 「小規模企業共済」は借金してでも積み立てろ
08 「経営セーフティ共済」でリターンを狙え
09 経済産業省のホームページは得する情報の宝庫
10 ふるさと納税は上限まで寄附
・デキる社長の仲間入り! 8割の経営者ができていない資金繰り25
11 交際費は3つの活用法で賢く損金にせよ
12 売掛取引の貸し倒れは絶対阻止する
13 社長の自宅を会社に貸せ
14 役員報酬は高めに設定しておけ
15 退職者のボーナスは退職金で支給しろ
16 退職者の有給は消化させずに買い取れ
17 社会保険料の徴収を1カ月前倒せ
18 非課税の旅費規程を上手に使え
19 「プロパー融資」で実績を作れ
20 社員を採用したら助成金をゲットしろ
21 多様な働き方を推奨し支出を減らせ
22 マッサージ代は医療費控除を活用せよ
23 決算月を変更し大きく節税
24 割引率の高いETCカードで現金の出費を抑えろ
25 銀行評価を高める損金処理の裏技
26 「未払費用」の活用で現金を残し節税
27 銀行の決算1カ月前に融資を狙え
28 赤字企業は法人税を還付してもらえ
29 納税の延長は最後の手段
30 建物と設備の減価償却費は分けろ
31 退職金は3回払える
32 リース契約で借入枠を確保しろ
33 紙の契約書は電子契約に変えろ
34 パートさんの勤務時間は1日6時間以内に収めろ
35 謝礼する時は契約書を交わせ
・他言無用! 税理士から教わらない資金繰り15
36 役員賞与は「事前確定届出給与」として届け出ろ
37 社長は賞与を前借せよ
38 確定給付年金(DB)を活用せよ
39 賞与は3月に支給
40 短期借入金は究極の長期借入金
41 融資の「据置期間」は交渉して延長させよ
42 生命保険は決算月に契約せよ
43 分社化せずに「個人事業主」となれ
44 社員の手取りは増え、会社の負担が減る社宅制度
45 収入の処理を工夫して融資を受けやすくしろ
46 所得拡大促進税制を使え
47 子会社では「非常勤役員」になれ
48 ヴィトンのバッグもアップルウォッチも経費で落とせ
49 フェラーリも経費にせよ
50 ドローン事業で節税と運用を両立しろ

第3章 資金繰り専門の税理士を味方につけて
キャッシュリッチ企業を目指せ
・資金繰りは奥が深い!
・会社のお金を管理する
・予算と費用を把握する
・部門別会計で業績を伸ばす
・今の現金残高を知っておく
・銀行の格付けを必ず意識する
・赤字は信用を傷つける
・銀行が惚れる企業になろう
・税理士はなんでも知っている?
・補助金申請は専門性が高い分野
・提案できる自信と実績に注目
・税率を気にせず役員報酬を取る

おわりに

著者:菅原 由一

SMGグループ CEO
SMG菅原経営株式会社 代表取締役
SMG税理士事務所 代表税理士

1975 年三重県生まれ。税理士。
東京・名古屋・大阪・三重に拠点を置き、中小企業の資金繰りコンサルタントとして活躍。
銀行が絶賛する独自資料の作成で赤字会社も含め融資実行率は95%以上。
顧問先の黒字企業割合は 85%を実現している。
これまで 700 本以上のセミナー講師を務め、7000 名超の経営者が受講し、
TV、専門誌、新聞、各メディアからの取材も多く、大手企業からの講演依頼も多数。
アメーバブログ「脱! 税理士 菅原のお金を増やす経営術! 」は人気を博し、
Ameba 公式トップブロガーに認定。
前著に『会社の運命を変える究極の資金繰り』がある。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

露木 裕良

事例で学ぶ MRのための不動産投資

大山一也 , 高橋侑也

まんがで分かる その不動産、高値で売れます!

森下 康幸

お金のプロに相談してみた! 息子、娘が中高年ひきこもりでも どうにかなるって本当ですか?: 親亡き後、子どもが「孤独」と「貧困」にならない生活設計

畠中 雅子