雀が墜ちる時 上

鶴石悠紀[著]

2022.03.31

1100円(税込)

幻冬舎

Kindle

ネットで買う

書籍内容

巨大小惑星の地球衝突の危機……そしてさらなる厄災へ。人類は破滅を回避できるか?

西暦2048年、巨大な強磁性の小惑星プシュケが地球に接近していた。衝突すれば地球壊滅は必至――世界の国々はプシュケの軌道をそらすべく、爆破計画に着手する。
一方、衝突を回避したとしても、プシュケの強力な磁場の影響で地球全土に大規模な地殻変動が発生することが発覚。日本は国土の全てが海底に沈む試算となった。空前絶後の危機の下、人類存続のため、各国の政財界や科学者たちが立ち上がる――。緻密な構成で徹底的にリアルを追求した近未来SF群像劇、開幕!

著者:鶴石悠紀

1945年、岡山県生まれ。1967年、東京大学電気工学科卒。セイコーエプソン(株)、(株)リコーに勤務後、2005年経営コンサルタント事務所開業。中小企業診断士、社会保険労務士。著書に『天意を汲めるか』(2018年、幻冬舎メディアコンサルティング刊)、『霊性進化』(2018年、幻冬舎メディアコンサルティング刊)、『こんにちは、民生委員です。』(2018年、幻冬舎メディアコンサルティング刊)、『ブ・デ・チ』(2020年、幻冬舎メディアコンサルティング刊)。長野県茅野市民生児童委員(2022年2月現在)。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

三十六・五度

橋口 久美

上海輪舞曲

中丸 眞治

惑星PAO

加藤道夫

赤い毒に揺られて

神野 岳仁