本当は恐ろしい床ずれ

本当は恐ろしい床ずれ

國枝靖弘(著)/塚田邦夫(監修)[著]

2018.03.22

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

どんな家庭でも、起こりうる悲劇。
正しい知識があれば、必ず回避できる。

床ずれ(褥瘡)は、時には人の命を奪ってしまうほど恐ろしい病気です。
しかも、床ずれはほんの些細なきっかけで、あっという間に発症してしまうやっかいな病気でもあります。
それにも関わらず、床ずれの正しいケアの方法を知っている人があまりにも少ない現状があります。
そこで本書では、知られざる床ずれの恐ろしさを伝えるとともに、その床ずれに対して家庭でもできるケアの方法まで、イラストや図解なども示しながらわかりやすく説明しています。

目次

第1章 発症までたった3時間 少しの油断で手遅れになる「床ずれ」の恐怖
第2章 皮膚が赤紫色になったら発症のサイン ステージによって変わる床ずれケア
第3章 治療のカギは在宅ケアにあり 外用剤の効果的な活用術
第4章 治ったあとこそ要注意 知っておくべき日々の再発予防ケア

著者:國枝靖弘(著)/塚田邦夫(監修)

■國枝靖弘
1961年生、愛知県生まれ。1988年、明治大学法学部を卒業後、スズラン株式会社に入社。名古屋営業所で医療機関向け薬品の販売に携わった後、2008年、代表取締役に就任。衛生材料、医薬品、医薬部外品、医療機器、化粧品など幅広くとり扱い、特にコットンやガーゼなどの綿繊維の衛生素材については国内トップシェアを獲得している。また、ブランド「ケアエイド」を立ち上げるなど、サービスの幅を広げた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■塚田邦夫
高岡駅南クリニック院長。日本褥瘡学会理事。富山県高岡市生まれ。1979年、群馬大学医学部を卒業。同年、東京医科歯科大学第2外科入局。88年アメリカ合衆国クリーブランドクリニックの大腸直腸外科にて大腸外科、腸疾患、ストーマケア、創傷治癒について研修を受けるなど多くの経験を積み、1991年富山医科薬科大学(現・富山大学)第2外科に入局。1997年、富山県にて褥創(床ずれ)をはじめ、胃疾患、大腸・肛門疾患、外傷、ストーマ(人工肛門)の治療を行う高岡駅南クリニックを開業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

「医薬分業」への挑戦 86年続く調剤薬局奮闘記

前納 秀夫

新型コロナ 発症した人 しなかった人

栢 孝文

子どもから大人まで 誰もがわかる大病の回避術

山本 雅一

よごれた血管がキレイになる赤ミミズ酵素 10人の医師が証言する健康回復のすごい力

よごれた血管がキレイになる赤ミミズ酵素 10人の医師が証言する健康回復のすごい力

堀智勝(監修)/現代書林取材班(編著)