ふたりの糸の色

安藤 康司[著]

2022.01.31

1100円(税込)

幻冬舎

ネットで買う

書籍内容

望んでいたのは、ごく普通の恋愛。

都内の大学に入学する18歳のハル。彼が東京に出てきた日に一目惚れした女性、芽生には、誰にも言えない秘密があった。それは、殺人事件の容疑者である父を持つということ――。「殺人者の娘」である彼女を受け入れる決心をしたハルは、悩み、苦しみながらも芽生との愛を確かなものにしていくが、事件の真実はふたりや周囲の運命を大きく巻き込んでいくのだった。悲しみを乗り越えた先にあるものを描く純愛小説。

著者:安藤 康司

千葉県生まれ。2021年、新型コロナウィルスの流行をきっかけに、突如、小説を書くことに興味を持ち、会社勤めの傍らに休日を利用して執筆活動を開始。本作が処女作。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

トラブルシューティング 元中国駐在員・神岡浩二の奮闘記

下岡 郁

ビーストウォリアー

米田 友哉

スノードロップ ―雪の雫の日記―

降谷 さゆ

Darkness

銀ジロウ