• 『気鬱の十兵衛』

  • 伊賀谷
    歴史・時代

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    不世出の天才剣士、柳生十兵衛三厳。一族の期待を一身に背負い、柳生新陰流を継ぐべきであった男は突然致仕をして隠棲した。その原因が鬱病によるものだったとしたら。一人の男の挫折から再生への物語。

第1話 柳生家の朝

 慶長十二年(一六〇七)。柳生十兵衛三厳(やぎゅうじゅうべえみつよし)は生まれた。
 前年に祖父であり、剣聖と謳われた柳生新陰流の開祖石舟斎(せきしゅうさいが没している。そのため、十兵衛は石舟斎の生まれ変わりとして一族の者たちにもてはやされた。
 一族の期待に応えるように、十兵衛は幼い頃から麒麟児と呼ばれるにふさわしい剣の才を如何なく発揮し、成長していった。
 そして、寛永二年(一六二五)。一介の旗本であった十兵衛の父、柳生宗矩(むねのり)が将軍家兵法指南役となって数年が過ぎている。十兵衛は将軍、、徳川(とくがわ)家光(いえみつ)の小姓を勤めつつ、宗矩に従って家光の剣術稽古にも就いていた。
 十兵衛は十九歳。すでに剣人と呼ぶにふさわしい偉丈夫であった。天下が泰平になろうとする今において、戦国の世の剣豪がごとき野性味を全身から放っている。
 冬の朝。雲の向こうで太陽が必死に温もりを送ろうとしているが、陽射しは大地にまで届いていない。
 江戸城に近い愛宕下町にある柳生家の屋敷は少し慌ただしかった。家光の剣術指南を行う日である。
 すでに宗矩は屋敷の外で白い息を吐く家臣たちに囲まれて登城の支度はできていた。銀煤竹(ぎんすすたけ)半裃(はんがみしも)を着た静かな佇まいの中にも、近寄れば肌に切傷ができるような鋭い気配が漂っている。
 十兵衛は苛立ちながら門の外から屋敷内をうかがっている。藍色の羽織(はおり)(はかま)を身に着けていた。
「遅い。宗冬(むねふゆ)は何をしているのだ」
 十兵衛には弟が二人いる。実弟である宗冬と、妾腹の友矩(とものり)であった。二人は同い年の十三歳、友矩の方が早くに生まれているので長弟、宗冬が次弟になる。
 本日の指南には十兵衛と宗冬がついて行くことになっていた。宗冬がまだ屋敷から出てこない。
「来ぬのなら行くぞ」
 宗矩は昏い瞳を細めた。
「申し訳ござりませぬ。見て参ります」
 十兵衛は頭を下げてから、屋敷の中へ駆けて行った。

 宗冬の部屋に向かって、大きな足音を立てつつ十兵衛は廊下を歩いた。
「入るぞ」
 襖を開けると、母であるおりんが座っていた。
「大きな音を立てて歩いて。十兵衛、お行儀が悪いですよ」
 穏やかな声とともにおりんが振り向いた。その奥で横になった宗冬が布団にくるまっていた。
「宗冬、登城するぞ。父上もお待ちだ」
 丸まった布団は動かない。
「おい、宗冬」
 布団が少し動く。藤黄(とうおう)の袴がはみ出た。登城の準備はしていたようだ。
「頭が痛いのです。今日は休みます」
「将軍家光さまへの剣術指南の日だぞ。我が柳生家は将軍家兵法指南役だ。頭が痛いくらいで休むことができると思っているのか」
 十兵衛が声を荒げると、宗冬はますます布団にくるまる。
「兄上と父上で行ってください」
 宗冬の声はさらにくぐもった。
「宗冬は幼き頃より体が弱いのです。無理をさせずともよいでしょう」
 おりんが優しく宗冬の布団に手を置いた。
「母上はお甘い」
「まあ、怖い」
 わざと驚いたように大きく開けた口を袖で隠した。
 おりんは宗冬には甘い。その反面、十兵衛には柳生家嫡男にふさわしい振る舞いを厳しく求めてくる。十兵衛はそれが腹立たしかったが、おりんが己一人に期待を寄せていることが誇らしいという気持ちもあった。
「殿と十兵衛が行けばいいことでしょう」
 十兵衛は寄り添い合ったおりんと宗冬を見下ろしながら、怒りによる震えに耐えた。
「宗冬。おれが城から戻ったら稽古だぞ。それまでに頭の痛みを治しておけ」
 言い捨てると、十兵衛は宗冬の部屋をあとにした。
 門から出た十兵衛は宗矩に頭を下げた。
「申し訳ござりませぬ。宗冬は体が優れぬようで休みたいと申しております」
 宗矩はわずかに顎をあげて思案している様子であったが、すぐに口を開いた。
「十兵衛、行くぞ」
「はい」
 
 江戸城西ノ丸にある兵法稽古場に十兵衛と宗矩は控えていた。
 しばらくすると家光が小姓を連れて現れた。家光は鉢巻(はちまき)を締め、(たすき)を掛け、股立ちを高くとっている。
 十兵衛は家光の足元に目をやると、革足袋(かわたび)をつけていた。
 稽古場の床は冷たい。だが、十兵衛は素足である。
 家光は十兵衛より三つ年上の二十二歳。色白で顔はふっくらしている。
「宗矩、本日は何をする」
 勝気のある高い声であった。
「まずは燕飛(えんぴ)の太刀の型稽古から始めましょう」
 宗矩は柔らかい声音を発した。
「また型稽古からか」
 家光は顔をしかめて苦笑いをする。
 ——当たり前だ。
 十兵衛は歯ぎしりをこらえた。
 柳生新陰流の稽古は手の内、足さばきなどの基本動作を叩き込まれてから、初めて型稽古に入ることができる。十兵衛から見たら家光は基本動作すら極めているにはほど遠い。にも関わらず、燕飛の太刀など秘奥の型稽古を許可されているのだ。
 しかも稽古場の床が冷たいから革足袋をつけるとは。
 型稽古は十兵衛が打太刀(うちだち)をを執り、宗矩が最後に勝ちを制する使太刀(しだち)を執る。
 二人が一通り手本を見せたあと、家光が木剣を持って宗矩に代わって使太刀となる。
 家光に少しでも悪いところがあると、宗矩は十兵衛の方に歩み寄って叱咤した。そして十兵衛の拳や腕を木剣で容赦なく打ちつける。
 家光は己が叱られているということが分かっているのか。
 十兵衛は黙って耐えた。
 宗矩からすれば十兵衛への修行でもあるのだろう。
 それにしても、家光に対する宗矩の優しい態度。十兵衛は幼き頃から家では見たことがない。
 十兵衛が必死で手に入れようとしているものを、家光はいともたやすく手にしていた。

第2話 coming soon